人事おススメ転職エージェント クリック

30代未経験から事務職を目指す方必見!事務職へ転職するポイント

30代未経験
悩んでいる人

営業を長らくしてきたけれど、30代からは体力的にも精神的にも落ち着いて事務職を目指したい。でも未経験の30代が事務職へ転職出来るのかな?

このような悩みを解決していきます。

僕は12年間、新卒で事務職をしており、人事採用として多くの採用案件にも携わりました。

もりや

もちろん未経験の事務職採用の経験も多くありますので、その経験をふまえて、未経験の30代が事務職を目指せるのかを解説していきます。

この記事でわかること
  1. 未経験30代で事務職を目指せるのか
  2. 未経験30代で事務職の目指し方
  3. ポイントや注意点

まず、結論。

30代の事務職未経験者が事務職への転職を目指すことは非常にむずかしいです。

なぜならば、

  • そもそもの事務職の求人が他の求人と比べて少ない
  • 事務職求人の多くは「経験者」を求めている
  • 未経験者歓迎と書かれている場合は20代を求めることが多い

このような理由から、30代で未経験で事務職を目指すことは極めてむずかしいことなのです。

しかし、4社で採用をしている中で30代でも未経験で事務職に採用された方々もいることは事実であります。

可能性は低くなってしまいますが、根気強く探していけば、見つからないわけではないので、本気で目指したい場合は、この記事を参考にしてください。

この記事では、30代・未経験での事務職の目指し方を解説しています。

転職で登録したい転職サイト

①:

公式サイト→

【求人数、転職実績、登録者数No.1】

多くの求人を見ることで、転職スピードUP

②:

公式サイト→

【面接サポート、サポート満足度No.1】

面接対策ができれば、採用される確率はUP

③:

公式サイト→

【リクルートに次ぐ求人数の多さ】

目次

なぜ未経験の30代での事務職はむずかしいのか?

未経験30代
悩んでいる人

営業や他の職種は30代でも未経験の可能性があるのに、事務職はなぜむずかしくなってしまうのですか?

そんな疑問を持ちますよね。

事務職の採用が経験者ばかりなのは、以下の理由があります。

  • 指導に時間がかかる
  • 早期離職がありえるから

これらの理由があるので、事務職の募集の多くは経験者を求めることが多くなるのです。

指導に時間がかかる

事務職の仕事は1日8時間、ずっとオフィス内で働くので、指導する人は未経験の方を採用してしまうと、随時業務を見る必要性がでてきます。

細かく作業も分類されており、量も多くある為、

1つ1つを指導していくことに多くの時間を要してしまうのです。

これが経験者であれば、会社独自の仕事やルールを教えれば、あとは自ら動けるので指導が楽なのです。

早期離職があるから

事務職に未経験から転職する場合、多くの方が体力的に楽そう、精神的に楽そう

このような視点で転職を考えてしまうことが多くあります。

しかし、事務職は以外に体力、精神力、気力を使う仕事です。

30代、未経験で事務職に入社した方が、楽そうで入社してしまうとギャップが大きすぎて早期離職の可能性が高くなるのです。

こうなると、どちらにとっても良くないことになってしまうので、内情を知る経験者を求めるのです。

この様2点の背景から、30代、未経験の事務職採用がさけられてしまいます。

未経験30代の事務職で採用される方法

採用

それでも未経験30代が事務職に採用される方法はあります。

長く時間がかかる場合もありますが、あきらめずに取り組んでいきましょう。

30代未経験で事務職に採用される方法
  1. 探し続ける
  2. 派遣からチャレンジ
  3. 資格を取り武器にしていく

可能であれば、現在の職場で部署移動を依頼し、事務職を1年ほど経験して活動するのが一番効率は良いです。

しかし、そんな簡単に移動させてくれる会社も多くないですね。

ですので、次の3つの方法を考えましょう。

①:探し続ける

いきなり精神論ですいません。しかし、これが一番大切なんです。

なぜならば、事務職転職は経験者でも転職に時間がかかるからです。

冒頭にも説明した通り、事務職の求人は多くありません。1つ1つの案件が激戦になっているので、決まるまで探し続けていくとい根気と継続力が必要です。

また、その中から未経験者OKの求人を見つける必要があるので、時間がかかることは忘れてはいけません。

しかし未経験者を受け入れてくれる企業、むしろ未経験者で良いと考える企業もあるので、あきらめずに探し続けましょう。

そして求人を見る時にわすれないで欲しいことをお伝えします。

事務職求人を探す際の注意点
  1. 企業規模にこだわらない
  2. 年収がさがる可能性をわすれない
  3. どんな事務でも挑戦する意欲
  4. 福利厚生の緩和

30代未経験で事務職に採用されたいのなら、事務職採用以外の条件はできるだけ緩和してきましょう。

「事務職もしたい」でも「条件もいい条件がいい」ではどんどん事務職は遠ざかってしまいます。

まずは未経験でも事務職をさせてもらえる会社に入社し、経験を積んだ後、数年後にちがう会社にいけばいいと考えて働きましょう。

数年事務職をしっかり経験すれば、その時は経験者として転職出来ますよ。

②:派遣からチャレンジ

正社員にこだわりがない方や、一定期間派遣でも良いと考えれる方には派遣からチャレンジも良いです。

派遣であれば、正社員より未経験でも受け入れられやすくなります。

また業務内容も簡単なものも多いので、事務職の感覚などもつかみやすくなります。

しかし、あくまでも次へのステップですので、仕事内容を良く見ておきましょう。たずさわる仕事が、雑用ばかりでは経験はつめません。

経験を積むために派遣をステップとするので、どこまで仕事が出来るのか事前にチェックが必要です。

会社によっては派遣社員の方には本当に簡易作業しかさせない企業もあるので注意しましょう。

③:資格を取り武器にする

資格を取る事で事務職での必要知識、スキルをアピールすることができます。

多くの会社では経験を優先しますが、事務職の場合、資格が優遇されることも多くあります。

「資格があれば未経験でもOK」「資格があれば選考有利」と書かれている求人も良く見かけますね。

企業側からすれば知識、資格があれば、指導時間も減らす事が出来ますし、早期離職も減らすことが出来ます。

企業側にとっては、採用しやすくなる人材になれるということです。

資格の必要性がわかりました。では、どんな資格を取れば良いのでしょうか?

事務職おすすめ資格
  • 日商簿記
  • 社会保険労務士
  • MOS(Word、Excel)
  • プログラミング

一番のおススメは日商簿記2級です。

この資格は経理であれば当然ですが、総務や人事労務、一般事務でも事務職に携わる場合、持っていれば1つのステータスと見られる資格です。

3級、2級は難易度がありますが、短期間での取得も出来るので、時間のない30代にはおすすめです。

後はパソコンスキルですね。

事務職はパソコンを1日見ている仕事です。なのでExcel、Wordが人なみ、人なみ以上に使えることはアピールポイントになります。

パソコンスキルとしては、

Wordでは【文章作成、編集】

Excelでは【表作成・編集、グラフ作成、関数、ピポットテーブル】

このあたりは事務職を目指す際に普通に使えるレベルでないといけません。

もちろん、これ以上にパソコンを使えた場合は、アピールポイントになります。

資格を取ったからといって、確実に事務職に採用されるわけではないですが、他の希望者との差別化はできますので、1つの手法として覚えておいてください。

転職活動する際の注意点

チェックリスト

次に実際に転職活動をおこなう際の注意点です。

  1. 求人票をできるだけ多く見る
  2. 転職エージェントに相談する
  3. 職務経歴書を事務職用に書く

30代が未経験で事務職へ転職する場合、通常通りに転職サイトに登録して、普通に活動をしても意味がありません。

以上の項目を注意して、どんどん活動していきましょう。

①:求人票をできるだけ多く見る

転職サイトは数多く登録して、多くの事務職求人を集めていきましょう。

事務職の求人は1サイトでも応募が来るので、1サイトのみでしか募集していない求人も多くあります。

例えば、マイナビ転職に登録し、事務職を目指して転職したとします。

マイナビ転職は求人数も多く掲載されるサイトなので、確かに多くの求人に触れることが出来るかもしれません。

しかし、マイナビだけでは、同時期にで掲載されている事務求人は見逃してしまうことになります。

掲載数の少ない事務職だからこそ、多くの求人を手に入れるためにも、転職サイトの登録は多くしておきましょう。

は求人数の多いサイトなので、まずはこの2サイトだけでもOKです。

②:転職エージェントに相談する

転職エージェントは転職するさいに無料で使えて、多くのメリットがあるので登録はおすすめです。

転職エージェントを利用するメリットです。

  • 求人サイトに乗らない求人を見れる
  • 非公開求人が多くある
  • 転職サポートをしてくれる
  • 求人票の裏事情を教えてくれる
  • 内定後のフォローもしてくれる

このように多くのメリットを無料で受けることができます。

とくに求人票の裏事情を教えてくれる点は事務職転職をめざす人にとっては非常に有効なサービスです。

例えば、20代限定の求人の場合でも、求人票には年齢でしばるのせ方はできません。

そんな時に転職エージェントであれば、

「この会社は20代の方がターゲットみたいだから、むずかしいかもしれないよ」など口頭でアドバイスをくれます。

これを聞けるだけで、採用可能性の無い求人への応募をさけることができ、転職活動の効率化がはかれます。

経験者やスキルを持った人しか、転職エージェントは登録できないと考える方も多くいますが、むしろ未経験の方が積極的に使うべきサービスです。

なぜなら、未経験であっても、その事務職への意欲や、細かな人柄など職務経歴だけでは伝えきれない部分を伝えてくれるからです。

アピールされれば企業側もあってみようとなる可能性が高くなるのです。

転職エージェントも転職サイト同様に複数登録が良いのですが、サイトに比べると少なめで大丈夫です。

おすすめの転職エージェントはです。

は求人数も転職実績も多いので、マッチする求人を見つけやすくなります。

リクルートエージェント無料登録はボタンをクリック

③:職務経歴書を事務職用に書く

事務職に未経験で応募する場合、普通にいままでの経験をもとに職務経歴書を書いてはいけません。

なんどもお伝えしている通り、出来れば事務職は経験者をのぞみます。

そんな中で未経験者を採用するとしても、出来る限り事務職に近い仕事をしていて欲しいと思って採用にあたっています。

そんな時に以下の2つの職務経歴書があればどちらが良いですか?

A:営業成績や販売実績を中心に書かれている経歴書

B:営業成績は少しで、パソコンを使った作業をや経歴を書いている経歴書

当然、パソコンを多用する事務職であれば、Bの経歴書の方を、書類で通しますよね。

事務職の転職の場合、少しでも事務職で活躍できる、前職での経験やスキルをいれておくことが大切です。

事務職に採用されやすい人の特徴もまとめております。下記の記事をご覧ください。

事務職以外を目指すのもあり

プログラミング

事務職を目指す理由が下記の通りなら、事務職以外を目指す方法もあります。

  • 体力的にオフィスワークで年をとっても続けられそう
  • ワークライフバランスを整えて働きたい
  • 数字に追われる仕事を離れたい

このように事務職ではなく、その働き方や待遇で目指す場合、「エンジニア」を目指すのもありです。

エンジニア職は人材が必要な職であり、求人数も多く、30代の未経験でも事務よりは可能性が大きくなります。

また、働き方も良い待遇に進んできており、

  • オフィスワークができる
  • ベンチャー、若手の思考が強く、ワークライフバランスも整う
  • これから伸びる市場で事務職より価値はあがる
  • 事務職より収入が増える

このように事務職のような働き方ができて、市場で必要とされる価値をつけることができます。

半年や1年しっかりと勉強しないといけない大変さはありますが、職種としては将来性も大きいです。

プログラミングスクールのではプログラミング講座の後、転職エージェントとして転職のサポートもしてくれるサービスもありますので、転職も可能です。

30代の方も多く学ばれ、転職されている実績ありますので、30代からでも全然遅くないチャレンジです。

事務職を目指す理由が、働き方なのであれば「エンジニア」という職種も検討材料の1つにしてみるのもおススメです。

7日間の無料体験も出来ますので、まだの方は是非プログラミングに触れて見るのもいいですよ。

まとめ:30代未経験で事務職を目指す

30代未経験から事務職を目指すのは、根気と継続が必要となります。

他の職種と比べ、求人案件が少ない、いきたい人が多い、など理由がありむずかしい部分も多くあります。

なので、戦略や資格をもち、あなた自身を事務職で採用するメリットを身に付けていきましょう。

そして、なぜ事務職を希望しているのかを明確にしていきましょう。

その理由が明確であればあるほど、面接官は「この方なら未経験でもやってくれそう」と判断でき、採用が出せるのです。

経験者が未経験者に負けるところも何度も見てきました。未経験でも30代から事務職を目指す事はできます。

また事務職の仕事に明確な理由がないのであれば、「エンジニア」などのこれから需要のある職種を目指していくことがよいです。

事務職に関する記事を多く書いております。参考にどうぞ!

30代未経験

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人事採用歴12年のもりやと申します。このブログでは採用経験や転職活動経験から面接対策や準備を中心に転職活動のノウハウを発信しています。またミニマリスト系の役立ち情報の発信もお届けします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる