【30代からの転職】の年収が下がる理由と下げない転職方法

30代の転職

こんにちは。

 

今まで4社での多種多様な企業での人事採用経験、そしてそれを活かした転職活動にて4回の転職を短期間で成功させているもりやです。

 

もりなみ
悩む人

30代を迎えるに当たり、転職したいんだけど年収が下がるって聞いたけど本当?

 

悩む人
悩む人
下げないで転職する方法はないのかな?

 

今まで、4社で人事採用担当者として経験し、多くの方の給与を見てきましたが、確かに30代のタイミングで転職する方は多いです。

 

ということで、「30代で転職を考えはじめている方」「出来れば年収も下げずに内定が欲しい方」のために、

 

30代の転職で年収が下がる理由下げない為の転職活動方法を、人事目線、経験談を踏まえて解説していきます。

 

ぜひ、転職活動前に、このページを読み込んで、年収UPで転職活動を成功させましょう。

 

本記事の信頼性

  • 人事採用担当4社で通算11年目(20歳から採用です)
  • 自身も30代を前に転職活動を実施し年収UP

 

30代転職では年収が下がる

30代年収下がる

まずは、大きく結論として、普通に30代前や30歳を機に転職活動をおこなうと、年収は下がってしまいます。

 

企業によっても差があるのは確かですが、

 

4社経験と転職活動を通して感じた事は、普通に転職活動してしまうと年収が下がるなということでした。

 

今回この記事では、それらをわかりやすくお伝えしています。

 

  • 30代の転職で年収が下がる理由
  • 30代の転職で年収を下げない方法
  • 30代の転職で意識して欲しいポイント
  • 利用価値の高い転職ツール
  • 年収UPしないけど転職したほうが良い会社
  • 30代の平均相場

 

これらの内容をお伝えしております。

 

もし、早く方法が知りたいという方は、下がる理由を飛ばして、下げないポイントから読み進めて下さい。

 

30代の転職で年収はなぜ下がるのか?

 

30代の転職では年収が下がる可能性が高くなってしまいます。

 

理由は下記の通りです・・・

 

  1. 未経験の職種や業界に転職
  2. 社歴が短い
  3. 継続力があるかどうか心配
  4. 企業規模が下がる
  5. 安価に自身を売り込んでしまう

 

一つずつ具体的にいうと、

 

①:未経験の職種や業界に転職

未経験

30代の機会に転職を考える方の多くは、

 

「次の会社ではやりたいことをやろう」

「新しい挑戦をしていこう」

 

このような気持ちを持たれて転職活動を実施する方が多いです。

 

新しい事や、やりたい事を希望する方を採用する事は、企業にとっては未経験者を採用するという扱いになってしまいます。

 

すると、新卒の新入社員と同じスキルと変わらないという判断になるんですね。

 

新卒社員に比べて、ビジネススキルや社会人経験という経験値がプラスされてる事を考慮し新卒社員よりは年収は多く出ますが、今までと同等の年収は難しくなるのが普通です。

 

②:社歴が短い

社歴が短い

日本企業の多くは、まだ「年功序列」「勤続年数」などを評価軸に置いている企業が多くあります。

 

もりや
僕の経験4社でも「年功序列」を感じさせなかった会社は1社もありません。

 

このことから社歴がない新入社員に対して、ある程度の年収を入社時から出す事にためらう企業も多いのです。

 

例えば、30歳で年収450万円希望の方がいたとします。

 

しかし、その企業内には22歳から順調に8年務めて、年収450万円の求職者と同等の実力の方が入れば、

 

その新卒からいる方に合わせるか、その新卒の方より下げた年収が出しづらいのが実情です。

 

もりや

いきなり社歴0の方と同等の給料かそれ以上となると、8年勤続の方が会社に対して嫌な気をおこしますからね。

 

③:継続力があるかどうか心配

継続力

30歳で転職する方に対して、企業は、続くかどうかを不安視します。

 

特に新しい事への挑戦や、やりたいことをやる場合は、入社後、数年後に合わないといって早期離職する場合もあります。

 

早期離職の可能性がある方々に、スタートから高めの年収を出してしまうと、会社にとっては非常にリスクになるのです。

 

面接官もある程度の持続力を確認しますが、続くかどうかは本人次第のところもあるので、年収を下げた状態で出されるのです。

 

④:企業規模が下がるから

企業規模

転職市場の多くは中小企業です。

 

新卒で大手企業や、一部上場企業などのそこそこ大きい企業に入社されていた方にとっては、

 

次の行き先は、企業規模の下がる中小企業になる場合が多くあります。

 

企業規模が下がると、給与形態も大きな企業と比べると低い方に変わって来ますので、

 

現在よりも年収が下がってしまう可能性は大いに出てきます。

 

⑤:安価に自身を売り込んでしまう

安価

転職活動を始めて一定期間が経過すると、中々決まらなかったりして焦りが出てきてしまいます。

 

あせりが出始めると、あきらかに年収が低くなるだろうなと思われる企業にも応募をしてしまい、

 

最終的にそこから内定が出て、決まったから行ってみようとなり、結果年収を下げてしまう事があります。

 

転職活動はあせればあせるほど、失敗のリスクが高まりますので、慎重に進める事が大切です。

 

30代の転職で年収を下げない方法

 

それでは、下がる具体的な理由は紹介出来ましたので、ここから30代の転職で年収を下げない方法をお伝えします。

 

  1. 経験、スキルを活かせる転職先を探す
  2. 規模の高い会社を選ぶ
  3. 市場価値を見極めて希望年収を伝える

 

具体的に解説しますと・・・

 

①:経験、スキルを活かせる転職先を探す

スキル

まずは30代となってくると企業が求めるのは、即戦力です。

 

即戦力とは・・・

  • 一定の募集している業務に対しての経験がある
  • 募集業務での明確な実績がある
  • 募集業務での成果が見込める
  • 資格を持ち、それを活かした仕事をしてきていた

 

などなどが即戦力と言われる方々の特徴です。

 

経験やスキルを活かして、即戦力としての入社が見込める場合は、今よりも年収を下げることなく転職する事が可能です。

 

あなた自身が持つ、経験、スキルをそのままダイレクトに活かせる、仕事を探す事が大切です。

 

企業が採用活動をしている背景として、

 

  • 事業の拡大
  • 退職者の補充

 

この2点が理由としてあります。

 

そんな背景の時に、即戦力であれば事業の拡大も、退職の補充としても、すぐに対応していく事が出来ます。

 

そのような場合は、企業も会社の為に、ある程度の年収を提示してくれるのです。

 

②:規模の高い会社を選ぶ

大企業

転職先を現在の企業よりも、規模の高い会社で狙えば、年収を下げずに転職する事が出来ます。

 

理由としては、企業規模の大きい会社の方が給与形態が高く設定されている事が多いからです。

 

中小企業で働かれていて、その経験を活かして、企業規模を上げて転職を行なえば、年収を下げずに、むしろ上げて転職する事が可能です。

 

もりや
僕の年収の上げ方はこれでした。規模の小さい会社で7年間人事を培って、規模を上げて転職成功させました。

 

③:市場価値を見極めて希望年収を伝える

転職

転職活動をしていると企業より希望年収を聞かれることがあります。

 

その際は、必ず希望年収を伝えましょう。

 

以下の伝え方は絶対にダメです。

 

  • 入りたい企業だから少し低めに年収を伝える
  • 年収可能幅を持たせて最低年収を下げる

 

この様に最低年収を下げてしまった場合、基本的には下げた年収で提示される事になります。

 

ですので、絶対に欲しいと考えている年収の額は、必ず伝えましょう。

 

採用する際に企業側で給与を決める時は、もちろん安価で採用したいと考えます。

 

例えば本来であれば500万円で採用しようと思えた候補者でも、最低希望が450万円と書かれていれば、450万円のスタートになることが多いです。

 

希望する額は必ず明確に伝えましょう。

 

ただ、注意して欲しいのは闇雲に希望だけを伝えるのはNGです。

 

あなたの経験、スキルなどを考慮した上で、貰うべき額を市場規模で考えて希望する事が大切です。

 

DODAなどの年収検査などのツールがありますので、このようなツールを利用しながら相場を確認する事をおススメします。

 

\無料で年収診断!DODA登録は下記ボタンをクリック/

 

年収が下がってしまう場合の準備

 

下げない方法もわかったけど、でも下がる可能性が多いなら、それも見越して準備がいりますよね?

 

もちろんそうです。

 

厚生労働省のHPから参照できる30代の転職後の年収が上がったか、下がったの割合データがあるのですが、その内容では、

 

30歳~34歳の方で 43.3%増加

35歳~39歳の方で 41.2%増加

 

このようなデータが出ています。

 

という事は、6割以上(半数以上)の方が年収が変わらないか下がっているというデータです。

 

なので30代の転職では年収が下がる事も見越して活動しなければなりません。

 

30代の転職で年収が下がる事で意識して欲しいポイントをまとめましたので、参考に下さい。

 

  1. 下げれる範囲を明確にしておく
  2. 家庭内での話し合いはしっかりと
  3. 昇給率を意識する

 

①:下げれる範囲を明確にしておく

年収

年収が下がる可能性が高いので、下げてもいい範囲を明確にしておきましょう。

 

これくらいの年収なら生活していけるな

固定費のここを見直せばここまで下げても大丈夫

 

などなど、年収が下がる事で、生活の内容が変わってしまう可能性は大きくありますので、最低限必要な年収は必ず明確にしておきましょう。

 

②:家庭内での話し合いはしっかりと

話し合い

転職する際に、家族に内緒で動く方もすくなくないのですが、必ず話し合いをおこないましょう。

 

年収が下がれば、影響は自分にだけ起こるわけではありません。

 

家族にも迷惑がかかること、そして協力してもらう事も必要です。

 

また家族に転職を伝えるタイミングも大切です。

 

伝えるべきタイミングは転職を考えた時です。

 

転職を考える事は決して悪い事ではないので、しっかりと理由と、年収が下がってしまうかもしれない事を理解して貰った上で、活動を始めましょう。

 

③:昇給率を意識する

比率

転職をする際に多くの方が年収を意識しますが、年収よりも昇給額や昇給率の方が大切です。

 

入社時に年収が低くても、入社後に昇給が明確にあれば、成果次第では昇給が見込めます。

 

スタートの年収も大切ですが、その企業がどのように年収が昇給していくのかも調べることが必要です。

 

例えば年収が500万円だけど、昇給額が3,000円の会社と、年収が450万円だけど、昇給額が10,000円の会社では、数年後に逆転が起こる可能性があります。

 

目先の年収だけにとらわれないように注意が必要です。

 

もりや
面接で昇給に関する質問はしてもらって全然OKです。昇給額、昇給率は面接の質疑応答で聞いてみましょう。

 

利用価値の高い転職ツール

転職エージェント

30代の転職で年収を下げずに行いたい場合は、転職ツールとして転職エージェントの利用をおススメします。

 

理由としては、

 

  • 市場価値やスキル、経験を見越して求人提案してくれる
  • 年収の交渉をしてくれる
  • 昇給額や昇給率などの質問も代わりにしてくれる

 

年収を下げずに、むしろ上げて活動したい方は、転職エージェントは必須ツールです。

 

おススメエージェントは以下の5社です。

 

  • 求人を多く見たいなら

【リクルートエージェント】

【DODA】

 

関連記事

dodaのエージェントサービスを調べていると、「ひどい」とかの評判を見るけど、実際のところどうなの?求人数も、規模も大きいので、出来れば登録して活用したいな・・・。 &nbs[…]

dodaエージェント

 

  • しっかりと面談対応をしてもらいたいなら

【パソナキャリア】

 

関連記事

こんにちわ。人事採用として10年間経験し、個人的にも4回の転職に成功しているもりや(@moriya126)です。パソナキャリアで電話面談のみで転職成功って出来るの?パソ[…]

パソナキャリア電話

 

  • 未経験職種にチャレンジしたいなら

【マイナビエージェント】 

 

  • 経験スキルを活かして、年収アップを目指したいなら

【JACリクルートメント】 

 

関連記事

悩む人転職では年収を上げて成功させたい。ハイクラスやキャリアアップ求人が多いJACリクルートメントの利用を考えているけど、学歴の低い人でも転職サポートは受けられるのかな? […]

JACリクルートメント学歴

 

 

 

関連記事

 悩む人転職エージェントを検索エンジンで調べるけど、数や種類が多くてどれを選べばいいのか、分からない。結局、どの転職エージェントも良いの?? 転職エージェントを[…]

人事転職エージェント

 

年収下がるけど転職したほうが良い場合

転職活動

最後に、年収は下がってしまうけど転職したほうがよい場合をお伝えします。

 

  1. 自分の本当にやりたい仕事に就ける
  2. キャリアアップが可能
  3. 企業の将来性が高い

 

まずこのように、行くべき企業に、年収以外のメリットが明確にある場合は、年収を下げてでも行く事を検討しましょう。

 

やりたい仕事が出来れば、仕事への意欲もマシ、将来的に見れば年収UPが見込めます。

 

  1. パワハラが横行している
  2. ブラック企業
  3. 事業内容が違法

 

つづいては、現職の企業で問題がある場合です。

 

このような問題のある会社には年収が良くても在籍する意味がありません。

 

成長も見込めず、将来的には精神的に不調を起こす可能性も多くあります。

 

精神的に不調をおこして、働けなくなるくらいなら、いま年収を下げてでも良い企業に行く方が、費用対効果は良いです。

 

年収が下がってしまうだけに囚われず、様々な視点から転職を考えましょう。

 

30代の平均年収

年収

最後に、30代の平均年収を補足としてお伝えします。

 

様々な人材系のサイトで記載がありましたが、どこの企業も少し高めの設定と思います。

 

あまり、鵜呑みにしすぎないことが大切です。

 

30代の平均年収(30歳~39歳)

全体:452万円

男性:481万円

女性:375万円

引用:DODA公式

 

30代すべての平均ですので、29歳で年収400万円でも落ち込まないで大丈夫です。

 

39歳の時点で、480万円の年収であれば、平均値です。

 

30代の転職で年収が下がるまとめ

転職活動

30代を迎えるに当たり、転職は多くの方が考えます。

 

日々、様々な応募者の情報を見ますが、27歳から35歳までの転職希望者が一番多く見かけます。

 

30代のタイミングでの転職は、未経験職種であれば年収は下がってしまうと考えて活動してください。

 

年収が下がってしまうので、必ず良い会社、やりたい仕事が出来る企業を見極める必要があります。

 

逆にいままでの経験を活かしての転職の場合は、年収を上げるチャンスでもあります。

 

企業の見極め、年収UP、どちらでも転職エージェント活用は必要です。転職活動を上手く利用し、転職活動を成功させましょう。

 

今回は以上です。

 

各ランキングにも参加中です。

記事が参考になりましたらクリックをお願いします。


転職・キャリアランキング
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村