自転車通勤の距離の目安が知りたい|時間は1時間くらいまでOK?

ミニマル通勤

自転車通勤をはじめたいけど、どのくらいの距離なら大丈夫だろう?

1時間くらいで通える距離なら、毎日通勤できる?

自転車通勤のメリットやデメリットもしっておきたい

このような悩みを解決していきます。

この記事を書く僕は、通勤方法や時間、過ごし方を模索し続け12年。

時間の無駄をしたくないため、日々通勤方法について効率的に、生産的にを考えているミニマリストです。

実際に自転車通勤も2年程経験してきましたので、

自転車通勤をはじめたい、はじめようか悩んでいる方には参考にしていただける内容です。

この記事でわかる内容

自転車通勤が可能な距離や時間の目安

自転車通勤のメリットデメリット

自転車通勤の際に選ぶべき自転車の種類

自転車通勤をおススメする人

自転車通勤の注意点

自転車通勤の距離の目安は、5~10㎞、多くて15㎞です。

自転車通勤は本当に最適な通勤方法です。

この記事を最後まで読めば、自転車通勤の全てを知ることができますので、自転車通勤を理解し、

ストレスフリーな通勤を実現させていきましょう。

\ネット通販【自転車】売上No.1/

もりや

cymaでは組み立て、整備済みですぐ乗れる状態の自転車を届けてくれます。

目次

自転車通勤の距離の目安。なぜ5~10㎞?

ミニマル通勤

それでは、まずは自転車通勤の距離の目安についてしっていきましょう。

結論は冒頭でお話ししたとおり、5~10㎞が目安となり、

遠くて15㎞が可能です。もちろん5㎞以下の距離も大丈夫です。

しかし、距離が1㎞とかになってくると『徒歩通勤』の方をおすすめします!

なぜなら、ダイエットや健康効果は『徒歩通勤』の方が高いからです。

徒歩通勤に関しては5年の経験から、記事にしていますので、ご覧ください。

自転車通勤の距離や時間の目安を表にしましたのでご覧ください。

距離時間
2㎞10分
5㎞20分
7㎞30分
10㎞40分
12㎞50分
15㎞60分

以上の目安となります。

最大の距離を15㎞とした理由は、通勤時間として60分ほどかかるからです。

通勤時間が60分を越えるとストレスや心身への影響もでるため、15㎞60分がMaxとしています。

もちろん、体力に自信がある人は15㎞以上でも挑戦してみる価値はありますね。

もりや

僕は7㎞の30分経験を2年やり、現在15㎞60分に挑戦中です。

自転車通勤のメリット

ミニマル通勤

続きまして、そんな自転車通勤のメリットを紹介します。

電車通勤や車通勤に比べて、ストレス面、健康面と良いことが多い通勤方法です

通勤は無駄、ストレスなんてマイナスイメージを変えることだってできますよ。

自転車通勤のメリット
  • 満員電車に乗る必要がない
  • 時間に左右されない
  • ダイエットや運動になる
  • 道を自由に選べる
  • リフレッシュ効果がある
  • 通勤代の節約
  • 環境にやさしい

満員電車に乗る必要がない

自転車通勤をすれば、満員電車に乗る必要がなくなります。

やはり、満員電車のストレスって想像している以上に大きくて、知らず知らずのうちにストレスがたまるんです。

  • 満員電車の通勤でストレス
  • 会社の仕事、人間関係でストレス
  • 帰りの電車通勤でストレス

もう、1日中ストレスのオンパレードですよね。

なぜ、満員電車でストレスがたまってしまうのか?ということですが、理由としては2点あります。

  • 自由に身動きがとれないこと
  • 他人との体の接触があること

以上がストレスの理由としてあります。

その他にも、「延着が定期的にある」「乗る時間が決められている」など縛りがきついですね。

しかし、自転車通勤はそのすべてを解消してくれます。

  • 自転車を自由にこげる
  • 他人との接触はありえない
  • 延着はない。あるのは信号くらい
  • 時間も自由に決められる。数分の前後は問題なし

このように、満員電車、電車通勤のストレスが一切ないという点はすごくメリットです。

時間に左右されない

自転車通勤は通勤時間は少し長くなるかもしれませんが、通勤に自由はききます。

例えば、

電車通勤であれば、時刻表がありその通りに乗車しなければ遅刻をしたり、急いだりする必要があります。

車通勤であれば、突然の渋滞がおこることが通勤時間帯には多く、

渋滞という予測不可能なモノをあらかじめ視野に入れて、出勤時間の選択が必要になります。

その分、自転車通勤には時刻表、渋滞がありません。

決めた時間に出発すれば、ほぼ決めた時間に出社することが可能です。

もりや

たまにパンクとか起きちゃいます。でも車の渋滞にくらべると頻度はすごくすくないです。

ダイエットや運動になる

自転車通勤はダイエットや運動にも最適です。

フィットネスジムなんかにも、自転車式の運動機器がありますが、

それを通勤時間に出来てしまうのが、自転車通勤の良さです。

自転車通勤をすれば、ジムに通う時間や費用も削減することが出来るのです。

僕も2年間、自転車通勤を経験しましたが、その期間体重はキープすることが出来ていました。

もりや

結構食べていたので、運動、ダイエット効果は期待できます。

道を自由に選べる

自転車通勤をする際は、ルートを自由に決めることができます。

  • 会社まで一番近く通える道
  • 自然を感じながら通える道
  • 懐かしい道

日々の気分を変えながら自由に通勤することが出来るのです。

出社時は、時間があるので基本同じ道を通ることが多いですが、

帰社時は、道を変えて散策して帰れることも自転車通勤の醍醐味です。

リフレッシュ効果がある

自転車に乗ることで、ストレスをためずリフレッシュすることが出来ます。

爽快に風を感じながら走れたり、

街並みや風景を楽しみながら走れたり、

一生懸命こぐことに力を注いで頭の中をクリアにしたり、

自転車で運動することで、セロトニンの分泌が高まり自然にストレス解消に働いていくのです。

科学的にも感覚的にもストレス効果の高い通勤方法です。

ストレスという観点で考えれば、電車・車と真逆ですね。

通勤代の節約が可能

自転車通勤にようする費用は初期の自転車購入代のみです。

それ以降は修理が発生しなければ、いっさいかからない、全くの0円生活です。

もし現在の会社で通勤代をそのままで、自転車通勤の承認のでる会社ならば、すごい通勤代の節約ができます。

もりや

僕も自転車通勤の際は、定期代をもらいながら自転車通勤をしていました。

もちろん、会社の承認をとっていますよ。

承認を取らなければ、虚偽の報告で最終訴えられる可能性があるので、

勝手にすすめることはやめましょう。

環境にやさしい

やはり電車や車通勤は環境にやさしくありません。

とくに車通勤!!

排気ガスがどれほど地球温暖化の原因となり、環境に被害をもたらしているか。

自分1台だけの問題ではありません。自分1台もです。

もりや

僕もそこまで環境に関して詳しくはないですが、排気ガスは相当やばめみたいですね。

その分、自転車通勤は環境への影響0です。

環境に優しい、ストレス緩和につながる自転車通勤を是非はじめましょう。

自転車通勤のデメリット

ミニマル通勤

自転車通勤のメリットを語ってきましたが、

そんな自転車通勤にもデメリットが存在してしまっているのです。

自転車通勤をはじめる前に、デメリットも必ず理解しておきましょう。

自転車通勤のデメリット
  • 天候の影響を受ける
  • ヘッドフォンを利用できない
  • お酒を飲めない
  • 体力の消耗がある
  • 日焼け対策や汗の対策がいる
  • 荷物が限られる
  • 初期費用がかかる
もりや

数多いな!!

そう思ってしまいますよね。

本当は減らして自転車通勤の良さを多く伝えたいのですが、失敗してはいけないので、

デメリットを思いつく限り、調べつくす限りすべて出していきます。

天候の影響を受ける

自転車通勤の最大、最強のデメリットはここにありますね。

天候の影響を受けてしまうという点です。

気温、天気、季節、多くの天候、気候の要因によって、走りやすい日と走りにくい日が出てきます。

晴れ・・・走りやすい

雨・・・走りにくい

気温高い・・・汗かく

気温低い・・・手がキンキンに冷える

春・・・サイコー

夏・・・暑い、汗がやばい

秋・・・サイコー

冬・・・手がキンキンに冷える

このように自転車通勤は天気、天候に左右されるということは理解する必要があります。

雨などは最近は、雨対策のものも多く出ているので、まだ通勤出来ますよ。

しかし季節の夏などは、暑さからすごく大変になる場合もあります。

自転車通勤をはじめる時は、春や秋の気候が良い時期から始めていきましょう。

つらい時期に始めると、続かなくなってしまいますからね。

ヘッドホンをつけれない

自転車通勤は音楽を聴きながら。

この行動、「道路交通法」で現在はダメになっているんです。

各、自治体によってルールの内容が違うので、お住いの内容を調べる必要があります。

しかし、基本的に多くの自治体で禁止となっており、5万円以下の罰金もありえるのです。

でも音楽を聴きながら、颯爽と自然の中を走りたいですよね。

そんな時は「骨伝導イヤホン」がおススメです。

耳につけず「骨伝導」で音楽を聴く方法です。

これなら耳をふさがずに自転車に乗ることが出来ますよね。

自治体によっては「骨伝導」ですら禁止のところもあるようなので、注意してください。

もりや

ちなみに、東京、大阪、福岡の条例は音量に関する内容が強いので、骨伝導はいいのかもしれませんね。

お酒を飲めない

車の飲酒運転がダメなのと同様に、

自転車の飲酒運転も「道路交通法」では違反となってしまいます。

会社の飲み会や、同僚との飲み会が好きな人にはすこし寂しい日々が続きますね。

でも、飲み会の日だけ電車を使えばいいですし、

面倒くさい飲み会は、『自転車で来てるんで』と伝えれば断る口実にもなりますよね。

無駄な飲み会を減らせると考えれば、むしろメリットかもしれません。

体力の消耗がある

自転車をこぐこと=運動する=体力が減る

これは仕方のないことです。

やはり自転車通勤はどうしてもこぐことが重要となりますので、体力は少なからず減ります。

ですので、距離や時間、自転車の種類の選択がすごく大切になってくるのです。

もりや

ただ、経験上、満員電車のストレスで疲れるよりも、自転車の疲れのほうがはるかに楽ですよ。

満員電車の疲れかたは、絶大です。

日焼け対策・汗対策が必要

自転車通勤の大変なポイントは夏場をどうするかです。

自転車通勤は運動もあわせるので、夏場は会社に着いて汗だくです。

やはり会社でまわりの迷惑を考えると、ちょっと気になりますよね。

ですので、夏場の自転車通勤対策として、以下の環境があったり、対策をしてみると良いです。

  • 夏場だけ電車通勤をする
  • 会社で着替える(更衣室がある)
  • 汗の出にくい時間帯で通勤する

会社に着替えるスペースがあれば、着替えと汗拭きシートをもっていれば大丈夫です。

日焼けもきついので、日焼け止めの対策をしましょう。

荷物が限られる

自転車通勤では持てる荷物の量が限られます。

通勤用のロードバイクなどを選択すると、自転車のかごがついていないモノも多く、

リュックなどを準備して通勤しなければいけません。

リュックの中が重すぎると、体力の消耗がプラスで出てきます。

持ち運ぶ荷物を極限まで減らして、軽い状態で通勤できる準備が必要です。

初期費用がかかる

自転車通勤をする場合、自転車を買わなければはじまりません。

近い距離の通勤の場合は、安いママチャリやミニ自転車でもいいのですが、

ある程度の距離で通勤をする場合、それなりの自転車を用意しなければ続けられなくなってしまいます。

世間的に多くの方が乗られるクロスバイクでも、

数万円の価格はしますので、まず最初の初期費用は準備が必要です。

\ネット通販【自転車】売上No.1/

cymaではクロスバイク入門セットが33,154円で購入可能です。

自転車通勤におすすめの自転車

ミニマル通勤

自転車通勤の距離感、メリット・デメリットをみて「やろう!」と考えれば、

次はどの自転車を買えばいいのかな?

と疑問に思いますよね。

距離でも変わるのですが一番のおススメは”クロスバイク”です。

なぜなら、性能、値段、時間などトータル的に検討しても一番最適だからです。

ただ、距離がさほど遠くない場合は、”ママチャリ”やミニ自転車”でもOKです。

以下の比較表を参考にして下さい。

種類値段スピードメリットデメリット
ロードバイク30,000円~200,000円早いスピードが早い値段が高い
盗難リスクが高い
クロスバイク30,000円~50,000円やや早い通勤で使う人多い
電動自転車50,000円~200,000円遅い体力消耗が少ない値段が高い
スピードが出にくい
ママチャリ10,000円~30,000円普通値段が安い
手軽に購入できる
体力の消耗が大きい
ミニ自転車10,000円~30,000円遅い持ち運びがしやすい体力の消耗が大きい
スピードが出ない

自転車通勤の距離に応じて自分に合った自転車を選択しましょう。

距離で判断するのであれば、

1㎞~5㎞であれば、”ママチャリ””ミニ自転車”で全然問題ないですよ。

もりや

僕も5㎞の時は”ママチャリ”で通勤していました。

5㎞を越えてくる場合は、”クロスバイク”の購入を検討するのが良いです。

やっぱりスピードの出かたや、こぎやすさがちがいます。

安全に走れる道があるならば、爽快感をすごく感じながら通勤時間を過ごすことが出来ますよ。

\ネット通販【自転車】売上No.1/

自転車通勤をおすすめする人

ミニマル通勤

ここからは更に深く掘り下げて、

自転車通勤をおススメする人、始めると人生観が変わるんじゃないかなと感じる人を紹介します。

当てはまる人は是非、参考にしてみて下さい。

  • 潔癖、人と触れたくない人
  • ストレス緩和しながらリラックスもしたい人
  • 好きなモノを食べたい人
  • 趣味を見つけたい人

潔癖・人と触れたくない人

満員電車や公共交通機関は、必ず他の人と触れてしまったり、接触があります。

しかし、自転車通勤にはその可能性がありません。

自転車通勤をすることで、電車内の無意味な接触やふれあいが減りますので、

ヒトとの接触や、潔癖症、綺麗好きな傾向のある方は、自転車通勤にするとストレスが大幅に減少します。

ストレス緩和しながらリラックスもしたい人

ふれあいがないのでストレスが緩和できる自転車通勤ですが、

リラックス効果も高い通勤方法です。

時間の縛りも少なく、自分の感覚で走ることが出来る。

自然の多い道や、懐かしい道を通ってみると、リラックスに繋がります。

散歩がリラックスにいいといいますが、自転車でもゆっくり街並みや自然を感じれば心落ち着く瞬間です。

好きなモノを食べたい人

自転車通勤することで、少なからず普段より消費カロリーを増やすことが出来ます。

痩せたいと考える人は食べてはいけませんが、

体重をキープでいいかもと考えられる方は、自転車通勤をはじめれば、

自転車通勤で消費した分、好きなモノを食べることが出来るのです。

もりや

いままで我慢していた、食後のアイスが食べてもいいものに変化しますよ。

趣味を見つけたい人

自転車通勤になれてきて、その良さを気付き始めた人が、

休日を利用してサイクリングに出かけたり、自転車のメンテナンスをするということは良くあることです。

もりや

自転車に愛着を持ち、休日も使用し始めたら、これは立派な趣味ですよね。

趣味がないと考える人は通勤の自転車から進めて見るのはいかがでしょうか?

自転車通勤の口コミ

自転車通勤を実際にされている方々の口コミを集めて見ました。

参考にして行きましょう。

もりや

自然を感じてますね。

もりや

カロリー消費して、好きなモノを食べましょう。

もりや

通勤時間が短くなるなら、やらない選択肢はないですね。

もりや

夏場はサドルの暑さ対策も必要ですね・・・。

もりや

やっぱり天候の影響は受けるんですよね。とくに雨です。

自転車通勤でTwitter検索し口コミを見ましたが、自転車通勤の方かなり増えていますね。

まとめ:自転車通勤の距離とあれこれ

自転車通勤の目安の距離から、自転車通勤を考える方に対して、メリット・デメリットを紹介しました。

まず自転車通勤の距離目安は、

距離時間
2㎞10分
5㎞20分
7㎞30分
10㎞40分
12㎞50分
15㎞60分

この表から15㎞60分までがマックスです。

15㎞を越えてくる場合、かなりの運動量と体力消耗があるので、マックス15㎞ですね。

標準的は2㎞~10㎞くらいであれば、自転車通勤の良さを存分に感じることができて、

長期的に続けることができます。

また、自転車通勤にはストレス系やリラックス系の効果が高いので、体力などのデメリットもありますが、

それでも僕が一番おすすめする通勤方法です。

僕もかれこれ、自転車通勤を再開して2ヶ月が経ちますが、気分は爽快です。

一緒に無駄とされる通勤を、良いリフレッシュ時間に変えていきましょう。

ミニマル通勤

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

シンプルな生活を目指すなにわのミニマリストです。モノを減らし好きなモノに囲まれて過ごすことを意識して、早10年以上。また時間の効率化も積極的に考え、通勤時間や通勤方法に関しては12年間の社会人経験で試行錯誤しております。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる