ミニマリスト目指すときに読んで欲しい本9選|初心者におすすめ

ミニモリスト

ミニマリストもりやです。

今回の記事は下記の記事で、

ミニマリストになる10ステップの中で「ミニマリストの本を読む」と書きましたので、

これは自分のおススメ本を紹介しないといけないなと感じたので、

実際に読んだミニマリストに役立つ本を9冊を紹介していきます。

ミニマリストを目指すときに読むべき本ってなんだろう?

今回はこの疑問に対してお答えしていきます。

まずは紹介する本を全て書き出します。

これらの本はミニマリスト初心者の方に非常にわかりやすく

「モノを持たない暮らし」「精神的に落ち着かせる」といった事を教えてくれる本です。

項目ごとにわけて紹介しますので、是非自分に合ったポイントから読んで下さい。

目次

①ミニマリストの基礎本

ミニマリスト

手ぶらで生きる

ミニマリストになりたい人、目指している人は必ず読む事をおススメするのが、

ミニマリストしぶさんの「手ぶらで生きる」です。

ミニマリストを目指すための基礎を学べる本です。

  • 項目ごとになっておりわかりやすい
  • ミニマリストをわかりやすく紹介されている
  • 本の書き方もシンプルで見やすい

目次

  • 暮らしを自由にする。
  • 物を自由にする。
  • 体を自由にする。
  • 時間を自由にする。
  • 思考を自由にする。
  • 人間関係を自由にする。

1つの項目ごとに見出しがあり読みやすいく、わかりやすくミニマリスト生活を紹介しているので、

読んでいて気持ちがいいですし、ミニマリスト感覚を非常に刺激される1冊です。

ミニマリスト初心者の方がミニマリストってどんな感じだろうと見る時にもいいですし、

ミニマリストに慣れてきた方が初心の感覚を忘れた時に、

改めて読み返すのも当初の思いを思い出させてくれる。ミニマリスト促進剤のような本です。

「本当に大切な1%の為に、99%を落とす」

この文章が僕は凄くすきです。モノも人間関係も食事も

人生における様々なポイントでこの考え方が出来れば、気持ちが楽になりますよね。

すぐにでも捨てる勇気が欲しい人にはすぐに読んでいただきたい1冊です。

②ミニマリストとは?を改めて知る

ひらめき

続いては、ミニマリストになるという事は、ミニマリストになるとどんな事が待っているのか、

そんなことを教えてくれる本を紹介します。

ぼくたちに、もうモノは必要ない/佐々木典士

ミニマリスト佐々木さんの本です。

この本は、ミニマリストになる為の本でもあるのですが、どうして人間は多くのモノを持ってしまうのか?

ミニマリストを論理的に紹介しているので、納得感を持つことが出来る本です。

  • ミニマリストになった方が良い理由がわかる
  • 物が増える精神的原因を論理的に知れる

目次

  • なぜ、ミニマリストが生まれたのか?
  • なぜ、モノをこんなに増やしてしまったのか?
  • 捨てる方法最終リスト55!!
  • モノを捨て、ぼくが変わった12のこと
  • 幸せに「なる」のではなく「感じる」

この本を読んでいると、「確かにそうだな」と考えさせられることがいっぱい出てきて、

読み終えた後は納得した状態でモノを減らす事が出来ます。

モノの多い所からミニマリストまでなった佐々木さんだからこその納得感を持たせている1冊です。

生きるのに「必要」でないモノのために、みんな必死で働く

このフレーズは刺さりましたね。確かに気付いた時には不用品っていっぱいありますよね。

なんで買ったんだろう。と思った経験は誰にでもある経験です。

そんな経験を減らすためにモノを買う基準なんかも丁寧に書かれている1冊です。

ぼくたちは習慣で、できている。/佐々木典士

「ぼくたちに、もうモノは必要ない」の筆者、佐々木さんの書いた本という事もあり読んでみました。

ミニマリストとしての片付けの方法を書いている本ではないですが、

ミニマリストになる為に大切な「習慣」という視点で書かれている本です。

才能は習慣が作り出すもの

いま、ミニマリストや片付け上手になれない方も、1つ1つの習慣で才能を身に付けることが出来る。

そんな習慣化する事の大切さを書いています。

ミニマリストや片付けの習慣化をつけたい方は必読です。

1冊目の「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」に比べると若干難しい内容です。

③片付けを学ぶ本

ミニマリスト

つづいてはミニマリストを目指そうと決めて、いざ片付けをする際に読んで欲しい本です。

ミニマリストを知り、ミニマリストを目指す考えが出来ても

片付けがうまく行かなかったら断念しちゃいますからね。

効果的な片付けの方法を知り、片付けにのぞむことが大切です。

人生がときめく片づけの魔法/近藤麻理恵

「一度片づけたら、絶対に元に戻らない方法」を書いた本。

本の初めに大々的に宣言しています。

テレビなどでも有名なので、知っている方も多い本だと思いますが、

片づけを始める時に読んで絶対に損のない本です。

  • 片づけの整理術ではなく、マインドを教えてくれる
  • まずは捨てるから

目次

  • 片づけても、片づけても、かたづかないのはなぜ?
  • まずは「捨てる」を終わらせる
  • 「モノ別」に片づけるとこんなにうまくいく
  • 人生が輝く「ときめきの収納レッスン」
  • 人生がドラマチックに変わる片づけの魔法

多くの方が片づけをする時に陥るのは「もったいない精神」「まだ使うかも」といった考え方です。

しかし、それをするとモノは減らないんです。この本では初めにまず「捨てる」からスタートします。

ここがポイントですね。

片づけていらないモノを選別するのではなく、まず最初に捨てるモノを決めてしまう。

そしてその後に残った物だけで片づけていく。

そして捨てる時は「ときめく」モノを残す。

僕もこの本を読んでから、捨てる時や買う時もまずは手に持って、本当に欲しいのか、

ときめくのか自問自答する事を心掛けています。

片づけの方法を勉強する際には是非。

片づけの心理法則/DaiGo

片づけとはなんなのか?片づけを心理学的に考え書かれた本です。

  • 片づけを心理学の観点から伝えているので納得性が半端ない
  • すぐに始めれる具体的行動も掲載

目次

  • 自由な時間が増える!片づけの基本・3原則
  • 心理的片づけで得られる5つのメリット
  • 迷わずに捨てる!モノが勝手に減っていく7つの質問
  • これで二度と散らからない!毎日の片づけ習慣7
  • 理想の部屋をつくる!エリア別・片づけの鉄則5

片づけをする事で得られる心理的メリットや、

それが行動に起こされる要因を心理学の視点で伝えることで納得性を持たせています。

また片づけた後に、増えたり、散らかったりしないような習慣の対策も書かれているので実用性も抜群です。

一家に一冊置いておきたい本ですね。

あっでもそれだとモノが増えるので、電子や音声で置いとくのもOKです。

「ちょっといいモノはいらないモノ」この本で好きな言葉です。

④まずはシンプルに考えて見る本

ミニマリスト

RULES 人生を変えるモノ選びのルール/堀口英剛

ミニマリストはハードルが高い。

けどモノを減らして、片づいた部屋がいいな。

そんな方にオススメの本が、この「RULES」です。

ミニマリストではなく、物事をシンプルに考えてシンプルに生活を送る事を前提として書かれています。

  • モノを減らすではなく、あくまでもシンプルに考える
  • シンプルに生きるためのノウハウが学べる

目次

  • 「ときめくモノ」に囲まれると毎日が楽しい
  • 思考と暮らしを洗練するモノ
  • モノ選びのマイルール
  • こだわり抜いた普段の持ちモノ
  • 今ほんとうに必要なモノたち
  • 暮らしを支えるモノとコト

シンプルってミニマリストと同じでは?

確かに本の中には、ミニマリストの方と同じ内容で書かれている部分も多々あります。

しかし、この本はモノを持つことを自体は歓迎しており、

その持ち方、購入の仕方に注意をしていこうと書かれているので、片づけをしたいけど、

ミニマリストみたいに減らす中心はちょっと・・・と考える方には、楽に読んでいただける内容になっています。

まずはこの本を読んで、まだいけるなと感じてから、ミニマリストの方々の本を読むといい。

絶対に減らさないと、捨てないとという考えを緩和してくれます。ここが良い所ですね。

⑤心、考え方を整えよう

転職後

ミニマリストやシンプル生活の本を6冊紹介しましたが、

ミニマリストになる為には片づける、捨てる、買わないなど行動が必要なのですが、

それ以上に大切なのはココロの部分ですよね。

考え方やマインドでミニマリストになる事を断念してしまったり、辞めてしまうこともあります。

そうならない為にも、精神の安定を意識した本の紹介です。

心を整える/長谷部誠

元日本代表サッカー選手、長谷部選手の本です。

  • この本でも整理整頓の大切さが伝えられている
  • 日本代表キャプテンの心の整え方がわかる

目次

  • 心を整える。
  • 吸収する。
  • 絆を深める。
  • 信頼を得る。
  • 脳に刻む。
  • 時間を支配する。
  • 想像する。
  • 脱皮する。

片づけをサッカー(スポーツ)と捉えて読むとより楽しく読む事が出来ます。

精神的な安定が無いと、暴飲暴食をしてしまったり、不要なモノを買ってしまったりと

ミニマリストとは程遠い行動をしがちになってしまいます。

ミニマリストになる為に、まずは心を整える方法を勉強してみましょう。

ミニマリストが心の安定を知る事は凄く大切ですよ。

⑥その他、オススメのミニマリスト本

ここからは、紹介した以外にもおススメのミニマリスト本を紹介します。

フランス人は10着しか服を持たない

筆者が貴族の家庭にホームステイした時に経験した、フランス人の豊かな暮らしを紹介している本です。

フランス人の余裕を持った優雅な生活スタイルはミニマリストとして学べることがたくさんあります。

多くのモノを持たず、必要なモノを大切に使い、優雅な暮らしをする。

そんな誰もが憧れる生活はミニマリスト視点を学べば叶えられると感じられる1冊です。

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと/四角大輔

最後に紹介の本は20代に向けて書かれた本です。

タイトルには20代と書かれていますが、30代、40代のかたでも全然読んでいただける内容です。

ミニマリストというよりも「自己啓発本」に近く、

20代の時に捨てておくべきモノや考え、人間関係など20代の時に捨てておくと身軽に30代を迎えれることを教えてくれる本です。

吸収ばかりしがちな20代で、その多く得たモノや考えから取捨選択し、

本当に必要なモノだけで身軽に過ごしていきましょう。

ミニマリストになる為のおススメ本まとめ

今回はミニマリストになる為のおススメ本10冊を紹介しました。

これらの本は、ぼくがたくさん読んだミニマリストや片づけ本から、

ミニマリストになりたい、ミニマリスト初心者の方に読んでいただきたい本を9冊選抜しました。

項目ごとに分けさせていただきましたので、自分の状況に合わせて学びたい所から読んで下さい。

本が増えそうなら下記の記事で本の整理術を書いておりますので、ご覧下さい。

今回は以上です。

ミニモリスト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

シンプルな生活を目指すなにわのミニマリストです。モノを減らし好きなモノに囲まれて過ごすことを意識して、早10年以上。また時間の効率化も積極的に考え、通勤時間や通勤方法に関しては12年間の社会人経験で試行錯誤しております。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる