人事おススメ転職エージェント クリック

上司が急に冷たくなった!理由と対処法【ゆっくり考えてみよう】

上司急に冷たい

今まで良い関係だったのに急に上司が冷たくなった
どうして冷たくなったんだろう?
冷たくなったワケはなんだろう?

今までは普通に接していたのに、急に上司が冷たくなったら、戸惑い悩んでしまいますよね。

もりや
僕も過去4人の上司と共にしてきたので、急に冷たくなる経験はあります。

結論から申しますと、仕事が円滑に進んでいるのであれば、ゆっくり考えてみましょう。

仕事に支障が出るくらいの状況であれば、急な対処が必要です。

仕事が円滑であれば、上司自身の変化なども考えれるので、あせらずに状況をゆっくり考えても大丈夫です。

しかし仕事の支障や、健康面に問題が出ているのであれば、職場を変えるなどの急な対処も必要です。

仕事への影響、健康への影響を見て、まずは判断しましょう。

この記事でわかる事

  • 上司が急に冷たくなる時に考えられる理由
  • 上司が急に冷たくなった時の対処法

この2点を重点的にすすめていきます。

人事が利用する転職エージェント

  1. リクルートエージェント
  2. DODA

とくにリクルートエージェント求人数や転職実績数がNo.1の転職エージェントですので、仕事や転職の悩みが解決する可能性が非常に高いです。

まずは、電話で悩み相談だけでも受け付けOKなので、気軽に登録してみても損はありません。

リクルートエージェントの電話面談のみで内定までいけるか?【内定貰えます】

もりや
僕は転職しても随時リクルートエージェント、DODAには登録しています。
目次

上司が急に冷たくなった

上司

朝、仕事に行ったら上司がいつもと感じが違う・・・。昨日まで普通だったのに、今日から違う。

こんな状態に急になったら、誰でも困惑してしまいますよね。

ただでさえ、上司とは毎日仕事をしていく必要があるので、困惑したまま働いてしまうと、

業務に支障が出る→さらに上司を怒らせて→もっと冷たくなる

そんな悪循環は出来るだけ、避けたいと考えるのが普通です。

しかし今回の変化は上司の立場に変化が起こったタイミングかもしれません。

上司には会社内でいろいろな立場や考え、そして状況があり、その中で日々状況が変化しています。

今回の急な冷たくなる変化は、上司の立場上の変化による態度なのかもしれません。

なので上司が急に冷たくなったったとしても、あせらず、冷静に、ゆっくり考えてみましょう。

業務に支障が出ていないのであれば、次の理由を参考にしながら考えていきましょう。

上司が急に冷たくなった理由

上司理由

それでは、上司が急に冷たくなる理由をお伝えしていきます。

  1. 上司の立場が変わった
  2. 部下を成長させる為
  3. 部下への信頼がなくなった

以上の3つの理由が、主な「上司が急に冷たくなる理由」となります。

上司が急に冷たくなるという事は、その直前に上司の中で大きな変化があった事になります。

それは上司自身の変化なのか、部下の為の変化なのか、そこをゆっくり考えて見る事が大切です。

それでは1つずつ見ていきます。

①:上司の立場が変わった為

会社での上司の立場は日々、状況に応じて変わっていきます。

とくに近年のスピードを求められる世の中では、日々会社の中でも変化が起きているのです。

会社に変化が起きれば、上司などの上層部は大きくその影響を受けます。

そんな影響の中で、上司の立場が日々変わることが多々あるのです。

例えば、

  • 受け持つ部下の数が増えた
  • 違う部署のマネジメントも依頼された
  • 大きなプロジェクトが水面下で決まった

受け持つ部下が増えたり、違う部署も見る事になれば、当然ながらあなたに取れる時間は減ってしまいます

今まで親身になって聞いていた相談や指導も出来なくなるので、急に冷たくなったと感じてしまうかもしれません。

また上司にもプライベートがあり、プライベートの変化からも冷たくなったりする場合もありますので、

まずは、上司の立場を考えて、変化がないか観察してみましょう。

②:部下を成長させる為

上司の仕事は、部下に丁寧に教えて、毎回解説してあげて、見てあげる事が仕事ではありません。

もちろん初めは、仕事を教えて、確認してあげる事が大切です。

しかしそれではいつまで経っても、部下の成長は見込めません。

ですので、上司は時に部下を突き放す必要があるのです。

突き放して、自分で考えさせて、自分で答えを出させて、1人で解決できるように見守るタイミングが出てきます。

もし「上司が急に冷たくなった」時は、あなた自身が一歩上司から離れる時なのかもしれません。

また、世の中には表現が上手くない上司も多くいますので、

部下を突き放すときに、無駄に冷たくなったり、そっけなくしてしまう事も多いのです。

③:部下への信頼を無くした為

最後の部下への信頼を無くした時が「上司が冷たくなった理由」なのであれば、じっくり考える必要があります。

ここまでの①と②は「上司の立場」「部下の成長」と会社のなかでは避けて通れない理由なので納得も出来ます。

しかし、この「部下への信頼を無くした」事で急に冷たくなっている場合は、じっくりと考える必要です。

  • 何が理由で信頼を無くしているのか?
  • 大きな失敗や失態はなかったか?

こころ辺りがある場合は、上司と話し合いをする事も一つの方法です。

しかし、心当たりのない中で、信頼を無くしているのであれば、それは上司の個人的な問題です。

  • 上司の勝手な思い込み
  • ただ単に怒りやすい性格

などは改善のしようがないので、あまり大きく気にせずにいきましょう。

会社には気分で冷たくなったり、当たってくる上司が一定数います。むしろ過半数・・・。

そんな上司を気にしても、精神的に疲れてしまうだけです。

もりや
自分に思い当たる大きな理由がある時以外は、基本は気にせずでOKです。

しかし業務や健康に支障が出ている場合は、

  1. 誰かに相談する
  2. 上司と直接話し合う
  3. 職場を変える事検討する

このいずれかの行動が必要になります。

上司が急に冷たくなった時の対処法

上司対処法

それでは、上司が冷たくなる理由を伝えましたので、対処法をお伝えいたします。

  1. 気にしない
  2. 別の部署の上司に相談する
  3. 転職する

それでは1つずつ見ていきましょう。

①:気にしない

まずは上司が急に冷たくなっても気にしなくてOKです。

理由を見てもらえばわかると思いますが、上司が冷たくなる理由にあまりあなたが要因となる事が無いのです。

あるとすれば、あなたが原因で、信頼を無くしている時くらいです。

でもそんな時って、自分でも気づいていますよね。

「大きな失敗してしまったな」とか「上司の指示に逆らっちゃたな」とか

なので、ゆっくり考えて、大きな要因が無い場合は「気にしなくて」大丈夫です。

気にせずいつも通りに仕事をしましょう。

②:別の部署の上司に相談してみる

悩む人
気にしないで大丈夫と言われても気になる。

そんな時は、別部署の上司に相談してみましょう。

悩む人
最近、上司が冷たいのですが、私になにか問題があるのでしょうか?

すると別部署の上司であれば、上司の現在の状況を把握している可能性が高いので

「裏でプロジェクトに任命されているから忙しいんだよ」とか

「来月から違う部署も見なくてはいけないから、その部署の把握で大変だからかな」

「そろそろ、しっかりと教えるのではなく、1人立ちして欲しいって言ってたよ」

「もともと、急に冷たくなるタイミングのある性格だから、気にしなくていいよ」など

ハッキリは教えてくれなくても、

遠回しに上司の立場が変わっている事や、成長を期待している事、上司の性格を改めて教えてくれるはずです。

別の信頼できる上司などに相談してみましょう。

狙い方は、上司と同年代の別部署の上司または同クラスの別の上司です。

上司が急に冷たくなった時は転職しよう

上司が急に冷たくなって事で、業務や健康に影響が出るのであれば、転職もおススメの選択肢です。

悩む人
あんまり転職を簡単にしても良くないんではないの?

そう悩む方もいらっしゃいますが、

今は転職が許容されてきている時代です。多くの方がキャリアアップや、環境改善の為に定期的に転職をしています。

1つの会社に長くいる事も素敵ですが、たくさんの職場を経験する事も、今後のキャリアでは大事になってきます。

転職回数を気にしない、企業や経営者、人事も増えており転職はよりしやすいものに変わってきています。

また、すぐに転職する気は無くても、求人票を眺めるだけでも良いです。

いろいろな仕事や労働環境があることを認識し、自分が今後どう進んでいくのか考えやすくなります。

上司が急に冷たくなった→すぐに転職

これは無理でも、まずは転職エージェントに登録し、相談したり、求人票を見せてもらうだけでもいいので行動してみましょう。

転職エージェントや求人サイトは無料で利用出来るモノばかりですので、使って損は一切ありません。

随時、チェックし市場の労働状況を把握しておきましょう。

もりや
把握しておく事で、いざ転職となってときに素早く動く事も出来ますよ。

人事が利用する転職エージェント

  1. リクルートエージェント
  2. DODA

とくにリクルートエージェント求人数や転職実績数がNo.1の転職エージェントですので、

仕事や転職の悩みが解決する可能性が非常に高いです。

まずは、電話で悩み相談だけでも受け付けOKなので、気軽に登録してみても損はありません。

リクルートエージェントの電話面談のみで内定までいけるか?【内定貰えます】

上司が冷たいままでは仕事が上手くいかない

上司が冷たくなり、その理由が自分でもなさそうな場合、その状況にあなた自身が耐えられるかが肝心になります。

理由が自分でなく、悪くないとわかっていても、やはり気にかけてしまう人はいますね。

ずっと気にかけたまま、仕事をしていると必ず精神的に限界が来てしまいます。

上司の冷たい状況が、辛いのならば、相談するか、職場を変えるかで対処をしていきましょう。

まとめ:上司が急に冷たくなった

上司が急に冷たくなることは、良くある事です。

同じように悩んでいる方も多く、自分に大きな否がなければ、気にする必要はありません。

多くの方が、理由もわからず「上司が急に冷たくなった」と感じてますね。

髪切って冷たくされたら、悩みようもないですよね。

またどうしても気になる場合は、部署変更したり、転職したりと方法はいくらでもあるので、

無理に悩み過ぎて、健康に影響が出ないようにだけ注意していきましょう。

今回は以上です。

上司急に冷たい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人事採用歴12年のもりやと申します。このブログでは採用経験や転職活動経験から面接対策や準備を中心に転職活動のノウハウを発信しています。またミニマリスト系の役立ち情報の発信もお届けします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる