フリーターからの転職体験談|専門卒フリーターでも転職出来た方法

この記事では、筆者の僕がフリータ―、専門卒の実績で、

その後7年間人事責任者として働けた会社への転職体験談を紹介します。

フリーターからの転職は大変なのかな?

実際に転職を成功させた人の体験談とポイントを聞いてみたい。

20代でフリーターをしていて、将来就職はしないといけないと考えているけど、

何から始めればいいのかわからない。就職がうまく行く気もしない。

こんな不安を持つ、20代のフリーターの方の勇気になれば嬉しいです。

またフリーター卒業後は人事部の人事採用責任者として働いていますので、フリーターからの転職成功のポイントも紹介します。

フリーターから転職を考えている方は参考にしていただけると思います。

それでは体験談の前にフリーターからの転職成功のポイントを紹介です。

フリーターからの転職成功のポイント
  • 就職を考えるなら1日でも早く
  • サポーターを見つけることが近道
  • 若手の良さを存分に発揮する

僕はこのポイントを見つけるまで3ヶ月ガムシャラに就職活動をしました。

このポイントを見つけるまでの転職活動は、心が折れそうなくらい大変でしたよ・・・。

もりや

これから転職活動の方は、是非このポイントは押さえて下さいね。

それではまずはそんな僕のフリーターから正社員への転職体験談を紹介していきます。

目次

専門卒から一部上場企業へ

フリー転職

まずはフリーターになった経緯を紹介します。

僕は専門学校を卒業後、なんと一部上場の食品メーカーの人事部として採用されました。

事務的業務や、人事労務対応など勉強したこともあり、学生時代の勉強を活かせると思い、凄く喜んだ記憶があります。

そして入社日の4月、入社式で配属部署、業務内容が発表されました。

発表された内容を見てびっくり。そこには食品製造工場での製造職の文字が書かれていました。

もりや

総合職としての洗礼を受けましたね。

その後1年弱、田舎の工場で製造職をやりましたが、毎日製造ラインでの仕事の繰り返し。

どうしても人事の仕事がしたかった僕は、納得がいかず若気の勢いもあり9ヶ月のスピード退職をしました。

次の就職を決めることもなく、実家に戻り、フリーター生活のスタートです。

総合職とか、業務内容が選択できないとか新卒の不思議なシステムです。

フリーター期間は1年半

フリー転職

食品工場を辞めて、なにをしていいかもわからなくなってしまったので、

とりあえずアルバイトをしながら、学生時代の夢をもう一度挑戦しようと考えました。

夢に挑戦しながら日々をなんとなく過ごしていましたが、ふと瞬間にいつも就職のことが頭をよぎってはいました。

しかし1社目の影響で会社不審にもなっていたので、就職活動もせずに、

  • 就活しても本当にやりたいこと出来るのか?
  • どの企業もブラック企業ばっかりじゃないの?
  • フリーターから転職なんてうまくいかない

と自分に言い訳ばかりをして、アルバイトばかりをしている状態。

当時は昼と夜を掛け持ちで、週5で働けば10万円くらいの収入はあったので、生活には困りませんでした。

そんな中アルバイトでフリーターを続けること1年半、あるキッカケで就活をはじめる気持ちになります。

それは大学生の周りの友人が就職したということです。

22歳で周りが就職していく姿をみて、同じ状態でスタートを切っておかなければ、

将来的に差が付いてしまう、今の時点で同じ土俵に立たなければと考えて、転職活動を始める決断をしました。

フリーターからの転職活動

転職活動

転職活動を始めようと決めて、まず最初にしたことは、転職サイトやハローワークで求人をみることです。

転職サイトを更新日に確認し、

ハローワークに週1回足を運ぶ

そしてよさげな企業があれば、どんどん応募していく。そんな活動をしていました。

しかし、まったく書類選考が通らない・・・そんな日々が3ヶ月も続いたんです。

理由としては今考えると、次のところかなと考えられます。

  • 当時のリーマンショックの影響
  • 1年未満の離職経験
  • 経験スキルの無い状態
  • 人事求人の少なさ
  • フリーター歴1年以上の長さ

本当に書類選考が通らなかったです。応募数だけで言えば50社は応募しました。

しかし実際に面接をしてくれたのは、2社だけです。しかも職種違い・・・。

こんな状況で3ヶ月程時間が経過し、職種を変えたり要件を落としたり、とりあえず正社員で働けたらいいかな、って考えで動いてもいました。

もりや

そんな矢先、僕に幸運の女神が現れます。

サポーターの出現

転職エージェント

とりあえず片っ端から応募を繰り返していたある日、

ハローワークで20代専用の転職相談窓口があることを知りました。

とりあえず今の現状を誰かに話したくて、相談したくて、

すぐに窓口で担当してくれる方に、現状の就職活動の悩み、自分の考えを話してみたのです。

結果、この行動が非常に効果を発揮しました。

相談窓口では40代の女性が対応してくれたのですが、すごく親身に対応してくれ、転職活動のサポートを徹底的にしてくれたんです。

  • やりたい仕事、求める条件のヒアリング
  • 履歴書などの添削
  • 面接練習と評価
  • 企業へのアプローチ

いまでこそこれらの内容は転職エージェントがやっているサービスですが、

当時の僕は転職エージェントの存在もしらず、ここまでやっていただける方に出会とは本当にびっくりでした。

そして誰かのサポートやアプローチは強いモノで、

履歴書の添削で履歴書の質があがり、

企業へのアプローチで書類選考も通過できるようになり「大卒限定の求人」にも面接に行けることが出来ました。

もりや

本当に転職活動を第三者で見てくれる方に出会えてよかったです。

結局この「大卒限定求人」の人事職の仕事に内定をもらうことが出来て、フリーターを卒業でした。

しかも一次選考のグループ面接のライバルは国公立大学卒業の方でしたからね。

そんな状況でのフリーター、専門卒が

サポーターが付いた瞬間に、こんなにもあっさりと内定が出るとは、本当に驚きですよね。

以上までが僕のフリーターからの転職体験談です。

この経験を通じて、フリーターからの転職では冒頭で説明した3つのポイントが大切だと考えています。

フリーターからの転職をめざしたいと考える方は是非参考にして下さい。

フリーターからの転職成功のポイント
  • 就職を考えるなら1日でも早く
  • サポーターを見つけることが近道
  • 若手の良さを存分に発揮する

フリーターの転職成功のポイント

チェックリスト

それでは、体験を踏まえて出した3つのポイントについて詳細を話しますね。

転職を考えるなら1日でも早く

フリーターの方で将来的には転職したいと考えている場合、転職活動をはじめるのは1日でも早い方が良いです。

なぜなら、フリーター歴の長さは長くなればなるほど、経歴にキズがついてしまうからです。

人事採用責任者を長く経験していますが、

『フリーター歴1年の未経験』と『フリーター歴5年の未経験』であれば、1年の方の方が採用確率はあがります。

まだ世間はフリーターを「楽したい人」「社会になじめない人」と判断する傾向があるので、

フリーター期間は短ければ短い方が、転職しやすくなります。

サポーターを見つけることが近道

僕の体験談を読んでいただければわかりますが、

転職をサポートしてくれる人を見つけることが出来れば、フリーターの就活は一気にスピードが上がります。

転職に関して何も知らないフリーターが、知っている情報のまま活動をおこなうのは、

仕事を教えてくれる人がいないまま、アルバイトに新人として働くのと同じです。

時間もかかるし、不採用が続くし、自信もなくなって時間だけがかかってしまいます。

そんな時に、転職のやり方を明確に教えてくれるサポーターがいれば、遠回りをすることは回避できます。

僕がフリーターから転職する時は、サポーターになるような人やサービスは少なかったですが、

今は立場や状況に合わせた転職エージェントがたくさんあります。

フリーター歓迎の転職エージェントもありますし、無料で使えるのでサポーターは転職エージェントで見つけることがおススメです。

もりや

本当にフリーター歓迎の転職エージェントは当時の僕が聞いたら飛びつきたくなるサービスです。

若手の良さを存分に発揮する

1日でも早く動き出し、サポーターを見つければ、後は若手の良さを存分に発揮して活動していきましょう。

20代フリーターの強みは若さです。

どんな会社でも若いということは、本当に強みであり、チャンスです。

未経験OKの求人も多くあるので、若手ということを活かして、就職への思いを企業の採用担当へ伝えていきましょう。

もりや

経験、スキルより若手特有の強さやフレッシュさを求める企業はすごくに多いんですよ。

採用担当がおススメ!転職サポーター

フリーターの転職は正直、楽ではありません。

でも良いサポーターに出会うことが出来れば自分で転職活動をおこなうより、何倍も効率的に内定までたどり着くことができます。

ここでは、人事責任者として多くの転職エージェントと話をしてきた僕が、若手フリーター時代に使うべき、

転職エージェントを紹介します。ポイントは以下の通り。

  1. 若手に強い
  2. 求職者サポートが厚い

以上の2点があるエージェントを使う必要があります。

転職エージェント各社には強みと弱みがあり、最近では第二新卒やフリーターに強い転職エージェントが多くありますので、使っていきましょう。

もりや

僕がフリーターの頃は全然なかったので、本当にうらやましいです。

フリーターおススメ転職エージェント

【特徴】

1人当たり平均12時間のサポートがありサポート力が非常に高い。初めての転職には最適。

また企業調査が強く、ブラック企業の確率は極めて低い

【特徴】

第二新卒やフリーターなどの若手向け無料ビジネス講座の実施。ビジネス初心者に安心。

また書類選考無しで20社の企業の選考会を受ける権利をもらえる

【特徴】

転職大手リクルート運営の安心感あり。しっかり転職をしたい場合に最適。

書類選考も基本無しで面接を受けられるので、フリーターには挑戦しやすい環境

なぜたくさんの転職エージェントからこの3つを選んだかと言うと、

採用責任者として、企業の方を話した際、この3社がしっかりと若手やフリーターの気持ちを考えており、サポート力の強さを理解することが出来たからです。

もりや

実際にこの3社は、求人も出しています。

フリーターが転職活動する際の注意点

リラックス

さあ最後にフリーターの方が転職活動で、注意して欲しいポイントを紹介しますね。

サポーター見つけて急いで転職すると失敗するので、

この注意点は必見です。

  • サポーターを信じすぎない
  • 仕事を選びすぎない
  • 通勤経路の楽な部分を選ぶ

絶対に気をつけましょう。

サポーターを信じすぎない

この記事の体験談からサポーターの存在の大切さが理解していただけたと思います。

本当にサポーターは大切で絶大です。

しかしそのサポーター、転職エージェントとやり取りをする際に注意が必要です。

転職エージェントはフリーターを企業に入社させることで成果報酬をいただくスタイルです。

なのでどんなに良いサポーターでもあなたを必ずどこかの企業に入れたいと思うのです。

しかし、もしあなたの行きたい企業がその転職エージェントの求人にない場合はどうですか?

多くの転職エージェントはあなたを説得してどこかの企業に入れようとしてくるでしょう。

ここが注意ポイントです。

サポーターを信じすぎると、このタイミングで納得の行っていない求人に応募したり、入社してしまう方が少なからずいます。

納得のいかない会社に行けば、早期離職の可能性もあり、さらに将来的に苦しめるかもしれません。

サポーターがいるといっても、あなたの人生の責任は取ってくれません。

必ず最後は自分の考えで判断するように注意しましょう。

仕事を選びすぎない

サポーターを信じすぎないと少し逆を言って混乱するかもしれませんが、

仕事の選びすぎもフリーターの方の転職時の注意ポイントなのです。

要件を多く増やしたり、やりたい仕事を限定すしすぎると、一気に転職活動は進まなくなります。

まずは、

  • こんな仕事でもやってみようかな
  • 給料が少し少ないけど挑戦しようかな
  • 隔週土曜の休みだけど働いてみようかな

このようにやってみようかな、働いてみようかなという挑戦心が凄く大切です。

20代フリーターの方は若いです。

入社した企業で一定期間過ごせば、実績も出せますし、スキルもつきます。

それを糧に次の企業でもっと良い企業へ転職すれば大丈夫なんです。

僕の視聴している中田敦彦のYoutube大学での「就職2.0」でもこれからは、転職3回4回は普通という話がありました。

企業に入ることを恐れずにいきましょう。

しかし、1つ目の紹介の通りでサポーターの言われるままに進めるのはダメですよ。

通勤経路の楽な会社を選ぶ

就職をする時にみんなが気にしなさすぎるのは、通勤経路や通勤時間です。

いままでアルバイトで近場で過ごしてきたフリーターの方が、いきなり1時間、2時間の通勤の会社に行けばどうなりますか?

仕事の疲れ+通勤の疲れで早期離職につながる可能性がありますよね。

通勤は本当に大切です。

もりや

僕も通勤時間1時間40分も経験しましたが、退職しちゃいました。

フリーター卒業時の転職の企業は自転車で15分でした。

だから7年も続けれたのかな・・・今でも考えてしまいます。

給料、休み、仕事内容と並んで通勤時間は大切です。注意して見ていきましょう。

フリーター転職体験談まとめ

今回の記事では僕のフリーターからの転職体験を踏まえて、ポイントや注意点をお伝えしてきました。

最後におさらいです。

まずはフリーターからの転職のポイント

フリーターからの転職成功のポイント
  • 就職を考えるなら1日でも早く
  • サポーターを見つけることが近道
  • 若手の良さを存分に発揮する

次にフリーターにおすすめの転職エージェント

フリーターおススメ転職エージェント

【特徴】

1人当たり平均12時間のサポートがありサポート力が非常に高い。初めての転職には最適。

また企業調査が強く、ブラック企業の確率は極めて低い

【特徴】

第二新卒やフリーターなどの若手向け無料ビジネス講座の実施。ビジネス初心者に安心。

また書類選考無しで20社の企業の選考会を受ける権利をもらえる

【特徴】

転職大手リクルート運営の安心感あり。しっかり転職をしたい場合に最適。

書類選考も基本無しで面接を受けられるので、フリーターには挑戦しやすい環境

最後に転職活動の注意点ですね。

  • サポーターを信じすぎない
  • 仕事を選びすぎない
  • 通勤経路の楽な部分を選ぶ

フリーターから正社員への転職は難しくつらい部分も多くありますが、

必ず正社員への道はありますので、ポイントや注意点をおさえて続けていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人事採用10年!転職活動4回経験から20代へ向けた転職情報を発信していきます。転職トレンド情報を追いかけていますので、最新の転職情報を手に入れて、若いうちからキャリアを築いていっていただけるよう発信します。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる