人事おススメ転職エージェント クリック

【仕事が暇すぎるから辞めたい】時の転職はOK|暇な職場のデメリット

仕事暇
悩む人

仕事が暇すぎて辞めたい。「仕事が暇」を理由に転職活動を進めてもうまく行くの?

こんな悩みを解決していきます。

これまで、4社での多種多様な企業での人事採用経験、そしてそれを活かした転職活動にて4回の転職を短期間で成功させているもりやです。

もりや

僕も2社目の企業では採用業務が減る季節があり、2年目までは凄く暇すぎる時期を過ごしました。

仕事が暇だと、周りからも仕事してないと見られたり、精神的にもしんどいです。

特に事務職を経験されている方は、暇と感じる方も多いはずです。

もりや

仕事の暇すぎは、忙しすぎるより辛いです。

この記事では「仕事が暇すぎて辞めたい方」「暇で辞める場合の転職活動はどの様に進めればいいのか悩む方」のために、

仕事が暇な時はどうすればいいのか?また「暇」を理由にした転職活動の進め方を、これまでの経験を踏まえて解説していきます。

この記事の内容

  • 仕事が暇な時の対処方法
  • 『仕事が暇』を理由にした転職活動

是非、毎日毎日、暇が原因で悩まれている方は、この記事を読んで改善してください。

結論は「暇すぎる仕事・職場」は改善の余地がなければ転職を検討しましょう。

暇すぎの職場はデメリットが多すぎます。

僕は転職をして忙しい時もありますが、間違いなく暇すぎるより充実したキャリアを送れます。

もりや

仕事が暇ってすごく辛いです。改善を目指しましょう。

人事転職で登録したい転職サイト

①:

公式サイト→

【求人数、転職実績、登録者数No.1】

②:

公式サイト→

【求人数45,000件、85%が限定求人】

③:

公式サイト→

【リクルートに次ぐ求人数の多さ】

事務職の転職は多くの求人を見る事が一番大切です

目次

仕事が暇すぎる事はデメリットが多い

悩む

「毎日残業続きで忙しい」「かまってる暇なんてない」

こんな風に忙しい方から考えれば、仕事が暇すぎて辞めたいと考える事は甘えに感じるかもしれません。

しかし、仕事が暇すぎるという事は、忙しいと同様に悩みを生み出す要因なのです。

もりや

面接官をしていても「仕事が暇すぎて転職しようと考えています」と良く聞きます

『仕事が暇』の転職は立派な転職理由になるのです。

それでは、まずは仕事が暇すぎるという、その環境がデメリットだという事を改めて確認していきましょう。

仕事が暇すぎると起きる3つのデメリットです。

  • 大切な時間を失っている
  • 外部で通用しない人材になってしまう
  • ストレスが貯まる

1つずつ解説していきます。

大切な時間を失っている

時間

仕事が暇すぎるという事は、何もしていない時間が少なからず出てきているということ。

会社にとっても、自分にとっても、ただ時間が過ぎているということです。

時間が過ぎるだけで給料を貰う事が出来るので、金銭面では良いかもしれません。

しかし多くの方は、「仕事をしていないと見られないかな」と気持ち的に罪悪感をもってしまうこともあり精神的に良くありません。

また、暇で過ごしている時間の間に、同年代の方々が忙しく仕事に励んでいれば、成長やキャリアにも差がついてしまいます

1日1日で考えると少ないですが、数年後に転職を考えるタイミングが来た場合、同年代なのに大きく差があいている。

このような状況に陥ってしまい、転職の際に同年代でもキャリアに差が出来てしまい、後悔する事になってしまいます。

時間は有限です。暇で楽で良いかではなく、何も成長しない環境にいることを危惧しましょう。

外部で通用しない人材になってしまう

ストレス

成長が同世代に比べて遅れてしまうので、外部の基準から下回ってしまう事が多くあります。

転職の際に30代であれば、このくらいまで出来るだろうとスキルが求められます。

しかし暇な職場で過ごしてきた方は、20代前半のスキルや経験しか出来ておらず、外部では置いていかれる存在になってしまうのです。

20代で蓄えた経験とスキルで、30代から活躍する人がいる中、暇に過ごした方は、30代から改めて成長する必要が出てくるのです。

仕事は当然ながら、すればするほど成長するモノです。

暇すぎる場合は成長すべき仕事が無いので、成長が遅れてしまいます。

もりや

成長するには仕事をする事が何より大切

ストレスが貯まる

増える

仕事が暇すぎるというのは、仕事が多すぎると同様にストレスが貯まります。これは、暇すぎるを経験した人しかわからないことです。

  • 周りから仕事してないと見られる
  • 時間の経過が凄く遅い
  • パソコンとにらめっこ

本当にストレスですよね。

最近では、上司が部下に仕事を与えない事も『パワハラ』と言われるようになってきました。

それだけ仕事がない、与えられないという事は、精神的にダメージを負うと理解されてきた証拠です。

以上3つの項目を紹介しましたが、このように「仕事が暇すぎる」というのは、会社的にも働く人の精神面的にも良くない状況です。

現在のお仕事が「暇すぎて」成長のしようがないという方は、早急に転職を検討する事をおススメします。

しかし、ここで注意が必要です。

「仕事が暇すぎて辞めたい」と簡単に転職へ動き出しては、失敗する可能性が出てくるのです。

仕事が暇すぎて転職する時の注意ポイント

ポイント

仕事が暇すぎて転職を検討する事の重要性は、先ほどの仕事が暇すぎることのデメリットで感じていただけました。

しかし、このまま

相談している人

「仕事が暇すぎるので転職したいんです・・・」

このように転職活動しても、失敗に終わります。

なぜならば、あなたが自主的に暇する環境を自主的に抜け出そうとしたことが、あるかないかが大切になるからです。

仕事は自主的に能動的に行うことが良いとされています。

「仕事が暇すぎて辞めたい」となった時は、まず自主的に動けたか考えるようにしましょう。そして、動けていないと感じる方は、転職活動の前に動いて見ることを考えてみましょう。

自主的に動けていない場合、転職先でも暇すぎるという状況に陥る場合があります。それでは転職活動が意味のないモノになってしまうので注意が必要です。

例えば、以下のような行動はとれますか?

  • 自分自身の仕事の改善
  • 会社の業務の効率化
  • 業務のスキルアップ

自主的に動いてみると多くの仕事が出てくる場合があります。

自分自身の業務の改善

毎日決められたルーチンワークを1時間で完了すれば、のこりの時間は暇になります。

そんな場合は、その1時間のルーチンワークを更に改善できないか考えてみましょう。

  • Excelの関数でもっと資料を見やすくする
  • 社内のネットワークにつないで、誰もが見やすいようにする
  • 資料を読み込んで、社内で1番知っている状態を作る

まずは自分自身の業務を更に良くできないかと考える事で、新しい動きが生まれ、それが仕事になります。

会社業務の効率化

自分自身の業務の改善が出来れば、次は社内全体を見てみましょう。

社内には改善すべき所、効率化出来る事が多く残っています。

また、最近ではITの発達で、便利なツールが安価で導入出来たりするので、そういった物を自分なりに調査して、現在の状況と比較検討しながら、効率化を進めていく事を考えてみましょう。

普通の会社であれば、時代に逆らって衰退していきたいと考える会社はないはずです。

新しいモノを会社に提案する事で、あなたには更なる仕事が生み出される可能性が大いにあります。

もりや

効率化がうまく行けば、社員の方々からも喜ばれますからね。

業務のスキルアップ

転職しないほうが良い

業務や仕事のスキルアップに時間を使う事も有効的です。

特にパソコンを触っていれば仕事をしているように見えるので、パソコンのスキルアップは効果的です。

  • Word
  • Excel
  • Power Point

これらを深く身に付けて置けば、次の転職先で必ず活かされますので、会社の資料を見るようにしながら、Excelをいじりまくりましょう。

この様に自主的に、仕事を生み出す工夫をしているか、していないかは非常に大切です。

もりや

面接官としても「暇で辞める」という方には、「何か改善はしましたか?」と良く聞いていますよ。

また自分だけで探すのみで終わらず、他の方に仕事の有無を聞いてみる事も大切です。

  • 上司に聞く
  • 上司の上司に聞く
  • 同僚に聞く

仕事が暇すぎる場合は、どんどん上司に仕事を訪ねましょう。

上司がなかなか、仕事をくれないのであれば、上司の上司に相談する事も良いです。

また、同僚に手伝う事はないか?と声を掛けて見るのも良いです。

まずは自分で仕事を見つけよう、誰かから仕事を貰おうと積極に動いていく事が大切です。

その様に動く事で、どんどん仕事が生まれてくる事もあり、転職をしなくても良い状況になる可能性もあります。

動いても暇なときは転職しよう

通勤

ここまで自主的に動いて、聞いた結果、仕事がなくて暇な場合は、企業側に責任がある可能性が高いです。

  • 業績不振で会社全体で仕事がない
  • 上司が仕事を断るタイプ
  • 会社が縮小傾向にある

マイナスの理由が多いので、将来のためにも転職を検討していきましょう。

仕事が暇すぎて辞めたい場合は、転職理由を慎重に考える必要があります。

なぜなら、ただ「仕事が暇すぎで辞めたいです」であれば、企業側はあなたをマイナス評価するからです。

  • ただ受け身でしか仕事をせず、暇だったのでは?
  • 能力不足で仕事が与えられなかったのでは?

このように考えられてしまうと、転職活動は上手く進みません。では、どのように伝えていけば良いのでしょうか?

仕事が暇すぎて辞めたい時の転職理由の伝え方

エージェント

仕事が暇すぎて辞めたい時、ただ普通に伝えてもマイナスに伝わってしまいます。

マイナスに伝わらないようには、出来る限り「仕事が暇すぎで辞めたい」事は伝えないようにしましょう。

どう説明や補足をしても「仕事が暇すぎで辞めたい」は採用担当者からすればマイナスイメージです。

マイナスイメージを持たれてしまうのは当然ながら面接結果は良くありません。

ですので、面接では別の理由を検討し伝えていく様にしましょう。その時に注意して欲しいのが以下の3つの項目です。

  • プラスイメージを与えられる
  • 嘘はつかない
  • 経験を絡める

これらを意識して転職理由を考えると、納得性のいく転職理由を伝えることが出来ます。

【例文】

業務の合間を利用して、業務効率化を積極的におこなってまいりました。業務効率化を行ったことで誰かから喜ばれる事が多くなり、そこにやりがいを強く感じるようになりました。今後は、業務効率を本業として扱える総務職にて、活躍していきたいと考え、現在総務職で転職活動をおこなっております。

この内容であれば、自主的な要素を伝え、プラスイメージで評価できるのです。

さりげなく、仕事が暇でとは言わずに、『業務の合間を利用』と伝えることも出来ます。難しく考える必要はないです。

  • プラスイメージを与えられる
  • 嘘はつかない
  • 経験を絡める

この3つを意識して、転職理由を作成していきましょう。

転職エージェント活用しよう

転職エージェント

仕事が暇すぎて辞めたい時は転職エージェント活用も検討してください。

転職エージェントでは実際に転職をすぐ始める気持ちがなくても、現在の仕事の相談のみでも対応してくれます。

まずは仕事が暇すぎて辞めたいと考えている事を伝えて相談してもOKです。

また、転職理由も一緒に考えていくれるので、利用価値は非常に高くおススメです。

実際に利用して転職に成功した転職サイト、転職エージェントを紹介します。

転職で登録したい転職サイト

①:

公式サイト→

【求人数、転職実績、登録者数No.1】

②:

公式サイト→

【求人数45,000件、85%が限定求人】

③:

公式サイト→

【リクルートに次ぐ求人数の多さ】

事務職の転職は多くの求人を見る事が一番大切です

まずは一人で悩む前に、転職エージェントに相談してみましょう。

仕事が暇すぎの人は凄く多い

口コミ

twitter上でも仕事が暇すぎると多くのツイートが見られます。みんな暇で悩んでるんですね。

こんな時にただ暇だからと遊ばずに、自主的に動けるかが大切ですね。

仕事が暇すぎて辞めたいまとめ

仕事が暇すぎるという状況は、本当に辛いです。

毎日毎日、何もない時間が出来てしまい、辞めたいという気持ちもどんどん増していきますよね。

仕事が暇すぎる事にメリットはあまり存在しません。デメリットの方が多くあるので、出来るだけ早くに行動していく事が大切です。

今回の記事で紹介したことをおさらいします。

仕事が暇すぎる場合は、まずは自主的に仕事を探したり、聞いたり行動する。

これは、転職活動をするかどうかを見極める為と転職活動の際のアピールポイントを作る対策です。

そして、自主的に行動しても改善の傾向が見られない場合は、会社の責任と考え、転職活動を開始しましょう。

転職活動には相談にも乗ってくれる転職エージェントの利用がおススメです。

この手順で、暇な職場を早く抜け出し、バリバリ働く同年代に置いていかれないように対応していきましょう。

各ランキングにも参加中です。

記事が参考になりましたらクリックをお願いします。


転職・キャリアランキング
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ

仕事暇

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人事採用歴12年のもりやと申します。このブログでは採用経験や転職活動経験から面接対策や準備を中心に転職活動のノウハウを発信しています。またミニマリスト系の役立ち情報の発信もお届けします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる