転職エージェントが多すぎる【人事厳選】本当に初心者おすすめの転職エージェント5選

人事転職エージェント

 

もりなみ
悩む人

転職エージェントを検索エンジンで調べるけど、数や種類が多くてどれを選べばいいのか、分からない。

結局、どの転職エージェントも良いの??

 

転職エージェントを転職初心者が利用しようとして、調べてみると多くのエージェントが出てきてしまい、どこに登録すればいいのかわからないですね。

 

  • 求人数が多いエージェント
  • 対応が手厚いエージェント
  • 職種特化型のエージェント

 

現在、転職エージェントは日本に、10,000社以上もあるんです

 

今回の記事では、転職の経験5回かつ人事部採用担当として10年働く、もりやが厳選して5社に絞りましたので、それをお伝えいたします。

 

それぞれの転職エージェントの特徴なども併せて解説していますので、転職エージェントを迷われている方は参考にして下さい。

 

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • パソナキャリア
  • マイナビエージェント
  • JACリクルートメント

 

良くおススメされる5社ですね。

 

良くおススメされるという事は、本当に利用すべき転職エージェントだという事です。

 

今回は5つに絞り紹介していますが、5つの転職エージェント全てに登録する必要はありません。

 

この中から、あなたの状況に合わせて、転職エージェントを組み合わせていく事で、転職の成功を近づけて行くのです。

 

利用すべき転職エージェントを厳選して、スマートに転職活動をおこないましょう。

 

もりや
後半に状況に合わせた選ぶべき転職エージェントも紹介しますよ。

 

この記事の信憑性

  • 専門卒でありながら転職5回の成功経験有
  • 10年間一部上場やベンチャー企業で人事採用業務に従事
  • 本記事紹介の転職エージェントは自分自身でも使用済み
  • 本記事紹介の転職エージェントは採用担当者としても利用有

 

採用担当者として転職エージェントを利用すれば、各社の強み弱みがより明確に理解できるのです。

 

転職エージェントが多すぎるので5社に厳選

 

それでは5社に厳選した転職エージェントを見て行きましょう。

 

その前に転職エージェントを大きく3つに分類します。

 

転職エージェントには大きく3つの種類があります。

 

  1. 求人数多数の大手転職エージェント
  2. 面接や面談対策が手厚い特化型転職エージェント
  3. マッチングを意識したヘッドハンディング型転職エージェント

 

 

今回厳選転職エージェントの5社を分類すると以下の通りになります。

 

  1. リクルートエージェント・DODA
  2. パソナ・マイナビエージェント
  3. JACリクルートメント

 

このことから、今回の5社を意識して見ていけば、転職エージェントの種類を総括的に見ていく事が出来るのです。

 

転職エージェントが多すぎる中、5社に絞り総括的に見ていけるので、もれの無い転職活動が可能になります。

 

人事部厳選転職エージェント5社の紹介

 

それでは5社の転職エージェントを紹介していきます。

 

改めて5社を見てみましょう。

 

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • パソナキャリア
  • マイナビエージェント
  • JACリクルートメント

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

  • 求人数が業界No.1の保有率
  • 転職実績が豊富で求職者に最適な転職が実現

 

【リクルートエージェント】は転職業界最大手であり、転職エージェントとと言えば、まずはリクルートエージェントが出てきます。

 

保有している求人案件、登録の求職者数、転職採用実績とどこをとってもトップの転職エージェントです。

 

過去5回の転職活動で3回利用しました。3回目の転職活動から利用をしているのですが、1度使用した後は毎回登録をしています。

 

実際に3回目の転職活動では、リクルートエージェント経由の求人で内定も頂く事ができました。

 

デメリットとしては、求人数が多いので、求人を見るのに多くの時間を割かれてしまいます。

 

しかし、リクルートエージェントで使えるアプリ「Personal Desktop」が非常に有効です。

 

こちらを利用すれば多くの求人も空き時間を利用してサクサク見ることが出来ます。

 

関連記事

 転職活動中の人リクルートエージェントのおすすめポイントって何?リクルートエージェントのアプリは使った方が良いの?リクルートエージェントで本当に転職は成功するの?&nbs[…]

リクルートエージェント

 

\リクルートエージェント公式サイトはコチラ/

DODA

DODA

 

  • 求人件数が業界2番手の多さ
  • 求人案件の質が高く、求人情報も多い
  • アドバイザーが丁寧

 

【DODA】パーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

 

かなり前から、転職エージェントに力を入れており、今ではリクルートと並ぶ業界大手の転職エージェントです。

 

リクルートエージェント同様に求人数が多く、またキャリア向けの求人も多く、未経験から経験者までが利用しやすい転職エージェントです。

 

転職エージェントと転職サイトを運営しているので、どちらの利用もDODAから出来る事も特徴の一つです。

 

リクルートエージェントのようにアプリも運営しており、求人数が多いのを情報の見やすさでカバーする事が出来ます。

 

DODAも3回目の転職活動時より毎回利用しています。

 

DODAを利用して感じた事は、アドバイザーの方が丁寧だという事です。

 

的確なアドバイスやなどはアドバイザーによるのですが、過去3回のアドバイザーの方は、すべて丁寧に対応してくれました。

 

次の対応に関しては、リクルートエージェントより質が高いです。

  • 書類の確認
  • 求職者の要件のヒアリング
  • 応募、結果の報告
  • 企業へのアプローチ

 

よく『DODAはひどい』などの口コミやサイトを見ますが、そんなことはありません。下記の記事で払拭できますので、あわせて読んでみて下さい。

 

関連記事

dodaのエージェントサービスを調べていると、「ひどい」とかの評判を見るけど、実際のところどうなの?求人数も、規模も大きいので、出来れば登録して活用したいな・・・。 &nbs[…]

dodaエージェント

 

\DODA公式はコチラ/

 

パソナキャリア

パソナキャリアHP

 

  • 転職活動のサポート力抜群
  • 安心して相談しながら転職したい方には最適

 

【パソナキャリア】はパソナが運営する転職エージェントです。

 

人材派遣事業で非常に有名で、派遣での人材業のノウハウを利用した人材紹介業、転職エージェントでも有名な会社です。

 

パソナキャリアの特徴は、転職サポートの質の高さです。

 

僕はパソナキャリアで3回目の時にベンチャー企業への転職を成功させていますが、その時のサポートの手厚さは本当に感じさせられました。

 

具体的には・・・

  • 求人の質が高い
  • 面接前の対策が徹底される
  • 企業情報が多い
  • 電話で何度も面談をしてくれる

 

転職サポートの手厚さから、初めての転職経験者、初めて転職エージェントを利用する人には是非利用してほしい転職エージェントです。

 

もりや
『THE 転職エージェント』といった所です。

 

リクルートエージェントやDODAではどうしても求人数や企業数が多い事から、1人1人に対するサポートが薄くなってしまいます。

 

しかし、パソナキャリアでは、紹介求人は少ないですが、その代わりにサポートと求人とのマッチを非常に強く出してくれるのです。

 

パソナキャリアのより詳しいサポートは下記の記事をご覧ください。

 

関連記事

パソナキャリアって転職エージェントを聞くけどどんな感じ?パソナキャリアの評判や口コミを見てみたいパソナキャリアのメリットとデメリットを他社比較してみたい。 今回は転職[…]

パソナキャリア
関連記事

パソナキャリアの評判が良くない口コミを見るけど実際のところどうなんだろう?電話面談でも転職サポートの内容は変えることなく受けれるの?パソナキャリアの強みってなに? 転[…]

パソナキャリア

 

\パソナキャリア公式はコチラ/

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

 

  • 30代以下(第二新卒)に非常に強い転職エージェント
  • 他社にはない掘り出し求人がある

 

マイナビエージェントは第二新卒(20代から30歳まで)の転職サポートが非常に強い転職エージェントです。

 

新卒サイトのマイナビからの利用者も多く、求職者も若手の登録が大半を占めています。

 

しかしながら、後発の転職エージェントであることから、リクルートエージェント並みの求人数がある訳ではないのです。

 

求人数が少ないので、サポート出来る人数も限られています。

 

その為、30代の方や、転職回数が多く、マイナビエージェントに合わない場合は転職サポートを断られる事も多々あるのです。

 

僕もマイナビエージェントには数回断られています。理由と対策は下記記事をご覧ください。

関連記事

悩んでる人マイナビエージェントに登録してみたけど、断られてしまった。人材紹介って断られることもあるんだ・・・。 今回の記事ではマイナビエージェントに断られる理由について解[…]

マイナビエージェントに断られた

 

しかし、マイナビという知名度、そして第二新卒には最適のエージェントですので、今回の5選に入れております。

 

\マイナビエージェント公式はコチラ/


JACリクルートメント

JAC

 

  • 求職者と企業担当が同じでありダイレクトな情報が貰える
  • 経験者に強い転職エージェントの為、経験があれば年収UPが可能

最後に紹介するのは、ハイクラス経験者向けの転職エージェント【JACリクルートメント】です。

 

ハイクラスな求人を多く抱えて、年収UPやキャリアアップを意識している転職エージェントです。

 

そういった背景から、経験はあるけど、年齢が若い方は少し避けてしまう転職エージェントですね。

 

しかし、登録者には年収400万円前後の方も多く、年収が低いからとか若いから利用出来ない訳ではありません。

 

しっかり経験を積んでいて、更にキャリアアップや年収アップを求めるのなら、登録をオススメする転職エージェントです。

 

また、JACリクルートメントでは企業担当者と求職者担当が同じなので、双方の情報がダイレクトに伝わります。

 

企業の求める人材、求職者の求める企業を同じアドバイザーが聞いているので、より的確なマッチングが実現できるのです。

 

採用担当者としてJACリクルートメントの方とお仕事をしていますが、マッチングの点では、転職エージェントでは非常に可能性が高いエージェントです。

 

また、転職エージェント利用時も現在のお仕事依頼時も感じますが、アドバイザーの質が非常に高く、一段上のステップを目指す時には利用不可欠です。

 

\JACリクルートメント公式はコチラ/

転職エージェント5社の利用方法

エージェント

 

ここまで10,000社の多すぎる転職エージェントから5社に絞り、5社を紹介してきました。

 

モリジンではここから、さらに状況に応じて利用すべき転職エージェントを割り出していきます。

 

転職時の状況に応じて、転職エージェントを決めていきましょう。

 

①第二新卒・未経験での転職の場合

第二新卒

  • リクルートエージェント(必須)
  • パソナキャリア(面接不安な方)
  • マイナビエージェント(求人を多く見たい方)

 

まず第二新卒や職種未経験のから初めての転職で転職エージェントを利用する場合です。

 

初めの一歩として、【リクルートエージェント】への登録は必須です。

 

やはり、未経験・第二新卒は転職エージェントでの実績が豊富なリクルートエージェントの使用必要です

 

リクルートエージェントに登録しておけば、多くの実績も多い事から、未経験向けにもノウハウを持っていますので、転職活動の全てを教えてくれます。

 

また、求人数が豊富なので、未経験向け、第二新卒向けの求人も多く持っているので、転職をスムーズに進める事が出来ます。

 

まずはリクルートエージェントに登録をしましょう。

 

そしてもう1社、初めての転職となると面接や面談に不安を持っている方も多くいらっしゃいます。

 

そんな不安を緩和する為に、サポートの厚さが売りの【パソナキャリア】を登録しましょう。

 

リクルートエージェントで求人を多く見て、パソナキャリアで転職サポートをしっかり受ける事で、初めての転職もスムーズに進める事が出来ます。

 

また、もし余裕があれば第二新卒に強いマイナビエージェントに登録しても良いですね。

 

②ある程度経験を持ち、転職する場合

経験あり

  • DODA
  • パソナキャリア

 

一定の職種で数年働き、ある程度経験を積んでいる。そして初めて転職をする方の場合です。

 

求人数確保の為にも、まず【DODA】に登録しましょう。

 

求人数が多い事と、質の高い求人が多くある事が強みですので、多くの求人から自分の経験を活かした転職を検討する事が出来ます。

 

またDODAでは転職サイトも併用しているので、自分自身での転職活動も進める事が出来ます。

 

経験があれば、求人票の内容も見れる事もありますので、転職サイトを併用して見ることで、更に転職をスムーズに進める事が出来ます。

 

しかし、転職自体は未経験になりますので、サポートはしてもらった方が安心です。

 

第二新卒と同じく、パソナキャリアにて登録して、転職の進め方や、サポートは受けながら内定を目指しましょう。

 

③経験実績を豊富に積み転職する場合

実績あり

  • JACリクルートメント
  • リクルートエージェント

 

年数だけでなく、実績や成果も出せており、新しく次のキャリアアップで転職をする場合。

 

このような場合は、【JACリクルートメント】の利用をします。

 

実績や成果を出す方の転職は、企業とのマッチングやある程度の情報交換の上、双方納得の内定が必要です。

 

JACリクルートメントでは営業担当が企業の必要とする要件を自らヒアリングし、求職者のアドバイザーも実施します。

 

双方の求めるもとを一致させることに注力してくれるので、求人票や面接では見抜けない部分でもマッチすることができるのです。

 

ですので、次の企業で入社時の年収UP、入社後のキャリアアップも視野に入れて活動出来るのです。

 

ある程度の実績のある方は、初めての転職でもJACリクルートメントでハイクラス求人にどんどんチャレンジしていきましょう。

 

しかし、JACリクルートメントは求人数が少ないので、リクルートエージェントに登録し求人の見る量を増やす準備をしておきましょう。

 

転職エージェントが多すぎるので5選に絞りました:まとめ

転職エージェント

 

日本の転職エージェント数は10,000社を越えます。

 

大小ありますが、有名な転職エージェントだけでも凄い量がありますよね。

 

今回の記事では人事部の視点も併せて、初めて転職される方が登録すべき転職エージェントを紹介しました。

 

 

そして、転職時の状況に合わせて使用する転職エージェントも紹介する事で、さらに2~3社に絞れました。

 

後は登録するしないはあなた次第です。

 

僕は転職エージェント利用と利用無しどちらの経験もありますが、転職エージェント利用無しでは転職活動は半年かかりました。

 

しかし転職エージェント利用してからは3ヶ月以内にすべて終える事が出来ています。

 

早く転職を成功させたい場合は、転職エージェントは利用必須です。

 

また転職エージェントは転職を迷っている時に、相談にも乗ってくれます。電話でも大丈夫なので、気軽に登録していきましょう。

 

関連記事

まだ転職する気はない、でもキャリアとか状況とか把握したい・・・。リクルートエージェントって転職する気はそこまで無くても相談だけでもいいのかな?相談できる内容ってどこまでいいんだろう?相談と一緒[…]

リクルートエージェント相談
関連記事

リクルートエージェントに登録したいけど面談にいけない。電話面談のみで内定、転職成功までもっていけるのかな? この記事ではこのような悩みに関して、記事を作成していきます。[…]

リクルートエージェント電話

 

 

今回は以上です。

 

各ランキングにも参加中です。

記事が参考になりましたらクリックをお願いします。


転職・キャリアランキング
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村