サラリーマンの運動不足対策|すきま時間で解消出来る簡単な方法

通勤

事務職【総務、人事、経理、財務、法務】やずっとデスクで働く方、オフィスワーカーも多くなってきています。

 

特に最近はホワイトカラー職が増えてきており、デジタル・ITの推進でより多くの方々がデスクでの仕事の日々を送っています。

 

デスクで働く人々の中には、

 

座り仕事ばかりで運動不足気味。でもジム行くお金も時間もない。最近体重も増え気味。

そんな風に考えている、悩んでいる方多いのではないでしょうか?

 

本記事ではそんな運動不足気味の事務職やオフィスワーカーの方々に対し、僕が6年間実践し、体重などを維持し続けている方法を記載します。

 

ジムに行く必要もなく、お金もかけずにおこなえるモノばかりです。

 

結果に個人差はありますが、日々の運動不足解消には役立つはずですので、試してみて下さい。

 

体重の増加や運動不足は日々の仕事の効率にも大きな影響を及ぼします。

 

体調管理できる人が一番仕事が出来る人と言われることもあるくらいなので、事務職、オフィスワーカーだからとあきらめないでいきましょう。

 

事務職の運動不足解消は必須

事務職やオフィスワーカーの方々は運動不足をどうにかして解消していきたいと考えますよね。

 

でも業務が忙しく、中々運動したり、ジムに行く時間もそこまで無い。とりあえず食事を減らる事からかなと考えます。

 

僕も事務職をはじめた頃は座っての作業、運動不足により、一気に7キロ体重を増加させました。

 

しかし、その後、運動と食事制限で元の体重になんとか戻すことに成功。

 

その後、食事制限はしたくない、でも体重は増やしたくないと考え、定期的で簡単に継続できる方法を探した結果、今記事で紹介する方法を見つける事に成功しました。

 

あれから7年、事務職で働いていますが、体重の増加はありません。

 

僕が継続している方法をお伝えしていきますので、是非、事務職で体重維持や運動不足解消を目指す方は参考にしてみてください。

 

 

生活に取り入れれる簡単な方法

 

それでは、早速、ジムにも行かずにお金もかけずに簡単に生活に取り入れれる運動不足解消方法を紹介します。

 

僕が実践している項目は以下です。

 

  1. 踏み台昇降運動
  2. プランク
  3. 柔軟体操
  4. 速く歩く
  5. 階段を利用する
  6. 立つ

 

①~③は定期的に行う簡単な運動です。④~⑥は日々心掛けている行動です。

 

僕はこれらの行動をおこなう事で、今まで7年間大幅な体重増加を経験していません。体形の維持が出来ています。

 

それで1つずつやり方などを紹介していきます。

 

①:踏み台昇降運動

踏み台昇降運動段差に昇り降りを繰り返す方法です。上がって、下がってを繰り返す。本当にこれだけです。

 

目安時間は30分とし、15分ずつ踏み出す足を変えておこないます。

 

この踏み台昇降運動の良い所は、テレビなどを見ながら出来る事です。

 

例えば、「ドラマを見ながら」「朝のニュースを見ながら」など朝や夜の隙間時間を利用して出来るのです。

 

運動しながらニュースを見れば、ニュースチェックも出来るので、一石二鳥ですよね。

 

僕はYoutubeでオリラジあっちゃんのコンテンツを見ながらが多いです。1本約30分なんです。

 

踏み台昇降運動は有効的な運動として取り上げられている運動の1つです。雨でもできる運動なので、継続していけば定期的朝の日課とした運動に出来ますよ。

【P10倍! 5/31 23時59分迄】【滑り止めマット付き】 ステップ台 エクササイズ 踏み台昇降 3段 踏み台昇降運動 台 トレニンーグ 防音 防傷 ステップ 運動 踏み台 昇降台 マット付き 高さ調整 エアロビクス ステッパー ダイエット 脚痩せ 室内 自宅 体幹
created by Rinker

②:プランク

次におススメな運動がプランクです。

 

プランクとは体の体幹を鍛える、筋トレです。主に腹筋を鍛えていきます。プランクの手順は以下の通りです。

 

  1. うつ伏せに寝転がる
  2. ひじを立てる
  3. 足はつま先で立つ
  4. そのまま腰を持ち上げキープする(※頭からかかとを一直線に意識する)
  5. キープ時間は30秒~1分を目安
  6. これを5セット

 

以上がプランクの手順です。やり方は非常にシンプルですが、凄くキツイ筋トレです。慣れてくれば1分は大丈夫ですが、初めは30秒でもきついです。

 

プランクの良い所は、踏み台昇降運動と同じで、室内でテレビを見ながら出来る事です。朝や夜の隙間時間を利用するで継続しやすいのです。

 

僕はマンガを読みながらプランクをおこなっています。

③:柔軟体操

ストレッチですね。定期的に暇な時間とかがあれば、ちょっと伸びて見たり、ふくらはぎや太ももを伸ばしたりします。

 

少しストレッチするだけでも体の感覚が軽くなったりするので、ちょっと思い出した時に出来るようにしてみてください。

 

小さなモノでも、やり続ける事で大きな成果になります。

④:速く歩く

事務職やオフィスワーカーの方でも、1日1歩も歩かないという方は少ないはずです。

 

通勤の駅までの間や社内でのコピー機までや、お昼ご飯の買い出しなど、探してみると結構、歩くタイミングは出てきます。

 

その歩くタイミングを、ただダラダラ歩くのではなく、速く歩くことを意識してみるのです。できる限り歩幅を広げて歩く、これだけでも運動量は大きく変わって来ます。

 

速く歩く事は、歩くタイミングがあれば、毎日できる事なので、1日の運動としては非常に有効的になるんです。

 

最寄り駅までを速く歩いてみるといいですね。
アシックス テクシーリュクス 7774 7769 texcy luxe ビジネスシューズ 本革 革靴 メンズ [ asics アシックス レザー 軽量 ブラック 黒 茶 ブラウン 28cm 大きいサイズ スーツ 靴 ]【送料無料】 立ち仕事 一文字
created by Rinker

⑤:階段を利用する

普段階段を使っていますか?エレベーターを多用していませんか。

 

20階などの高層ビルでは難しいですが、3階4階くらいの高さであれば、階段を利用する事で良い運動になります。

 

階段の上り下りはは①の踏み台昇降が多く並んでいる状況と同じです。

 

階段を利用する事で、ふくらはぎを使うので、血流が良くなる効果も期待できます。

 

社内、電車の駅構内、買い物の施設など、気付いた時には階段を使う事を意識してみて下さい。

⑥:立つ

最後に「立つ」という事です。

 

事務職、オフィスワーカーは基本、座っての仕事です。最近は座るという行為が長時間続くのは良くないと言われています。

 

でも事務職では気が付けば2時間、3時間座りっぱなしなんてこと、良く起こります。座る事が良くないとすると、現状の事務職やオフィスワーカーは危険ですよね。

 

なので、事務職やオフィスワーカーでも、できる限り1時間おきには立つことを意識したほうが良いのです。

 

トイレや飲み物を飲みに行くでもいいので、何かしら短時間でも立つことを意識しましょう。

 

僕は事務職で普段座るので、電車などでも極力座らないようにしています。

定期的に立つことを意識し、運動不足、健康上でも改善していきましょう。

まとめ

事務職の運動不足解消という事で、日々僕が実践している事、意識している事を記事に致しました。

 

どれも隙間時間を利用して出来る簡易な事なので、ジムに行ったり、気合を入れる必要は全くありません。

 

テレビを見ている時に、ちょっと踏み台準備してみたり、プランク1分したり、するだけでいいんです。

 

僕はこれらを継続しているおかげで、6年間体形の変化はほとんどありません。

 

本記事で、運動不足の事務職の方、オフィスワーカーが減る事が出来ればいいなと感じております。

 

満員電車の有効的な過ごし方5選|ストレスを溜めない通勤をしよう

30代で趣味が無い人は趣味を難しく考えすぎている|趣味の簡単な見つけ方

30代からの未経験職種への転職|30代キャリアチェンジは可能か