パソナキャリアで転職成功|電話面談でも全然大丈夫

パソナキャリア

パソナキャリアの評判が良くない口コミを見るけど実際のところどうなんだろう?

電話面談でも転職サポートの内容は変えることなく受けれるの?

パソナキャリアの強みってなに?

 

転職活動をする時に、まずどこの転職エージェントに登録すればいいか迷います

 

転職エージェントの数も多く、種類も多種多様です。

 

全てに登録する事も出来ないので、どこかを選ばなくてはいけない・・・。じゃあどこを選べばいいのか?

 

結論からお伝えすると、「リクルートエージェント」又は「dodaエージェントサービス」のどちらかは登録しておくと良いです。

 

これは求人件数が圧倒的に多いので、転職活動をスムーズに進める事が出来ます。

 

それと併用してオススメするのが、「パソナキャリア」です。

 

僕も実際にパソナキャリアを利用し、転職活動を成功させています。

 

今回の記事では、僕の利用体験をもとに、パソナキャリアについて記事にしています。

 

転職エージェントをどこにするか悩んでいる方

パソナキャリアについて知りたい方

 

上記の方々は是非読んで下さい。

パソナキャリアでの転職実績

パソナキャリア

パソナキャリア公式

 

まずは、パソナキャリアの成功体験を具体性を持たせるために、僕の転職成功事例をご確認ください。

 

パソナキャリアは過去2度利用しておりますが、どちらも面談は電話で済ませており、キャリアアドバイザーとの対面は一切ありません。

 

しかし、下記のような転職に成功しています。

 

年収:30万円UP

年間休日:105日→115日

残業時間:60時間→10時間

社風:地元中小企業→ベンチャー企業

従業員数:40人→200人

役職:一般社員→主任

 

僕はパソナキャリアを通じて、28歳の時に規模や社風、待遇面全てをステップアップさせることに成功しました。

 

 

パソナキャリアは27歳の転職活動時と28歳の転職活動時の2回利用しています。

 

28歳の利用時、27歳の利用時のキャリアアドバイザーが改めてついてくれたのですが、1年経過しているにも関わらずも経歴や前回の活動を覚えてくれており、びっくりした事が印象的です。

 

パソナキャリアとは?

出典:パソナキャリア公式

 

パソナキャリア公式

 

それでは改めてパソナキャリアとは詳細についてお教えいたします。

 

「パソナキャリアとは転職支援サービス」は2019年・2020年と2年連続で、オリコン顧客満足度調査 転職エージェント総合第1位を獲得

引用元:パソナキャリア公式

 

株式会社パソナでは様々な人材にまつわるサービスをおこなっております。

 

  • 人材派遣サービス
  • 人材紹介サービス
  • キャリア支援サービス
  • パソナ顧問ネットワーク

 

多くの方は人材派遣のイメージを多く持たれるのではないでしょうか?

 

人材派遣の強さから、女性の転職活動や支援にも強く、実績も多い人材紹介としても紹介されております。

 

男性の方でも「パソナキャリア」で転職成功出来るので大丈夫です。実際に僕もパソナキャリアで成功しています。

 

パソナキャリアの登録方法

 

それではパソナキャリアで転職支援を受けたい場合の登録の手順を紹介します、下記の手順で登録をしましょう。

 

①:公式サイトへ

パソナキャリア公式

パソナキャリア

 

基本情報の入力

 

 

パソナキャリア
出典:パソナキャリア公式

 

  • 希望の転職時期
  • メールアドレス
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • 最終学歴の学校情報
  • 転職回数
  • 就業状態
  • 直近の雇用形態
  • 主な経験業種
  • 経験年数
  • マネジメント経験
  • 現在の年収
  • 希望の年収
  • 希望の勤務地

 

最後に「サービス利用規約・個人情報の取り扱いについて」

パソナキャリア
出典:パソナキャリア公式

 

パソコンからの登録であれば、経歴の部分はお持ちの履歴書や職務経歴書をアップロードするだけで完了できます。

 

同意して、上記の内容で登録するとクリックで登録完了です。

 

各項目、必ず嘘はつかず正直に入力しましょう。嘘をついてしまうと希望の転職が叶わない場合がありますので、注意しましょう。

 

③:パソナキャリアより連絡が届く

 

当日か翌日、週末であれば月曜日、火曜日あたりに電話かメールで面談への連絡がパソナよりあります。

 

ここで面談の日程を調整し、面談日を確定させましょう。

 

就業中で忙しいや、面談にいくのが面倒くさい場合は、電話面談で依頼しましょう。電話面談でもサポートの質は変わりません。

 

登録完了してから1週間待っても、パソナキャリアから面談の連絡が無い場合は、登録を断られた可能性もあります。

 

④:キャリアアドバイザーとの面談

 

決定した日時にキャリアアドバイザーと面談をおこないます。聞かれる内容は以下の通りです。

 

  • 経歴や経験
  • 退職理由
  • 希望の業種、職種
  • 希望の福利厚生
  • 活動方針の確認

 

これらの内容を面談で話す事になります。

 

対面であれば1時間~1時間半、電話面談であれば30分~45分くらいが、所要時間です。

 

面談の場でも嘘や遠慮した発言は辞めましょう。転職で叶えたい事を正直に話し、それに応じて転職をサポートしてもらう事が、成功への近道です。

 

⑤:求人の紹介

 

面談完了後、希望に応じた求人をいただきます。

 

求人票を確認ながら、気になる求人があれば、キャリアアドバイザーの方に連絡をし応募完了です。

 

パソナキャリアではサイト内のマイページで求人を見ることが出来るでの、そこからボタン1つで応募が出来ます。

 


 

応募後は従来の転職活動と同様で、面接を受けていく流れとなります。

 

パソナキャリアでは面接前後や、活動期間中に定期的に連絡をくれ、アドバイスをしてくれますので、安心して転職活動に臨むことができます。

 

関連記事

パソナキャリアって転職エージェントを聞くけどどんな感じ?パソナキャリアの評判や口コミを見てみたいパソナキャリアのメリットとデメリットを他社比較してみたい。 今回は転職[…]

パソナキャリア

 

パソナキャリアの求人

 

それでは、僕が紹介されて感じたパソナキャリア求人の質はどんな感じかをお伝えします。

 

  1. 求人数は多くないが、適正や希望に合っている
  2. 優良企業、ベンチャー企業が多い

 

①:求人数は多くないが、適性や希望に合っている

 

パソナキャリアの紹介求人数は、大手「リクルートエージェント」などと比べると、量は少ないです。

 

面談後、まず10社ほど紹介され、その後はポツポツ紹介されます

 

選択肢が狭まる分、1個1個の求人票を丁寧に見ることは出来ます。

 

また、むやみやたらに求人を自動送信みたいな対応ではなく、1社1社、希望に合わせた求人を送ってくれるので、応募してみようとなる求人が多かったです。

 

②:優良企業、ベンチャー企業が多い

 

紹介してもらう求人が名の通った会社も多く、求人の質の高さがうかがえました。

 

僕もベンチャー企業に入社出来ておりますが、IT系やシステム系のベンチャー企業の求人も多く拝見しました。

 

パソナキャリアを利用して良かった点

 

実際にパソナキャリアを2回利用し、良かった点を洗い出していきます。

 

  1. 面接準備が素晴らしい
  2. キャリアアドバイザー以外からのアドバイス
  3. 求人のマッチ度

 

①:面接準備が素晴らしい

 

パソナキャリアの圧倒的におススメする部分は、面接準備が素晴らしい所です。

 

普通の人材紹介では面接日程が決まり、前日にお知らせメールが届き、面接対策のテンプレートが送られてくるが流れです。

 

しかしパソナキャリアは一味違います。面接の前日に電話で連絡は当然です。

 

その電話では面接に向けた様々な話をしてくれます。

 

  • 面接官の人柄
  • 受ける企業の面接の見ている点
  • 他の方が聞かれた質問内容

 

これらの項目を深く掘り下げながら、電話でお話をしていただくことになります。

 

「○○会社では、志望動機を重要視しています。どんな志望動機を考えられてますか?」

「面接官の〇〇様は、すごく温厚な方ですが、ヒトを見抜く力があります。面接でも気を抜かずにお願いします。」

「面接での緊張度合いが強すぎるとマイナスイメージになるとの事なので、入室前に一呼吸入れて入室して下さい。」

 

これらは僕が実際に話していただいた内容です。中身が凄く具体的で、面接対策をしっかり出来ました。

 

②:キャリアアドバイザー以外からのアドバイス

 

多くの転職エージェントは求職者は基本、キャリアアドバイザーとのみ接する事になります。

 

しかし、パソナキャリアでは質問の回答や面接前の調整を企業担当がおこなう事が良くあるのです。

 

企業担当だからこそ、その会社の社長や人事担当と直接話し、要件をうかがっています。

 

より深い内容をダイレクトに求職者に伝えてくれるので、信憑性も高く、疑いなく面接準備を進めていく事が出来るのです。

 

③:求人のマッチ度

 

パソナキャリアではキャリアアドバイザーが職種や業界ごとに分けられています。

 

「管理部門」専属のキャリアアドバイザーや「営業部門」専属などに業種や業界、地域によって分けられています。

 

僕の登録時も「管理部門」専属のキャリアアドバイザーの方がついてくださいました。

 

キャリアアドバイザーが専属で業界などを理解しているので、求人を出すときも求職者の希望を理解して紹介してくれます。

 

理解してからの、求人票なのでマッチする可能性が高くなります。

 

僕はキャリアアドバイザーが1回目に出してくれた求人票で最終内定まで持っていけました。

 

パソナキャリアのデメリット

 

パソナキャリアの魅力は伝えれました。それでは次はデメリットを紹介ます。

 

パソナキャリアの口コミではデメリットも多く出ている事から不安に感じる方も多いですね。

 

僕が利用して感じたデメリットは次の2点です。

 

  1. 求人数が少ない
  2. キャリアアドバイザーの連絡頻度

 

①:求人数が少ない

 

まず第一に求人数はそこまで多くありません。

 

リクルートエージェント求人数 15万件以上

パソナキャリア求人数 3万件以上

 

 

これだけ見ても、求人大手のリクルートエージェントの5分の1です。

 

初回の面談後は一定数、求人を紹介してくれるのですが、そこからあまり出てこないイメージです。

 

ですので、冒頭にも書いた通り、「リクルートエージェント」や「dodaエージェントサービス」に登録し、2番手で「パソナキャリア」を登録する事が一番良い利用方法です。

 

②:キャリアアドバイザーの連絡頻度

 

キャリアアドバイザーや企業担当からの連絡は多くなります。

 

もっとゆっくり慎重に就職活動を進めたいなと考える方には、すこし面倒くさいと感じる可能性もあります。

 

また、就職活動に充分なれているような方も同様ですね。

 

パソナキャリアに登録する際は、手厚いサポートがあると考えてから登録しましょう。

 

 

まとめ

 

パソナキャリア公式

 

今回の記事では、僕が利用し、転職を成功させたパソナキャリアについて書いております。

 

転職初心者やアドバイスを受けながら、転職活動をしていきたい方には凄くマッチする転職エージェントです。

 

求人の数は少なくても、優良企業が多かったり、希望にマッチする仕事の紹介はしてくれるので登録しておいて損はないです。

 

登録も無料です。面談も電話で30分で済みますので、登録してパソナキャリアを味わってみてください。

 

関連記事

パソナキャリアって転職エージェントを聞くけどどんな感じ?パソナキャリアの評判や口コミを見てみたいパソナキャリアのメリットとデメリットを他社比較してみたい。 今回は転職[…]

パソナキャリア

 

関連記事

 転職エージェントの数が多すぎてどれからとうろくしたらいいのかわからない。転職エージェントによって種類もバラバラでどうしたらいいんだろう転職エージェントのおすすめを人事部の人に聞きたい[…]

おすすめ転職エージェント

 

各ランキングにも参加中です。

記事が参考になりましたらクリックをお願いします。


転職・キャリアランキング
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村