転職活動が辛い方向け|転職をあせって進めている時に見直してほしい事

悩む

転職活動がうまくいかない方はこの記事に書いた3つの事をしっかり考えられていないことが多いです。

 

とりあえず転職サイト、転職エージェントに登録して、求人を探して、という形で始めていませんか?

 

確かに早速求人票を確認していく事は大切です。求人票は鮮度が大切なので、応募が開始されれば早く応募するにこしたことはありません。

 

本日は求人票と同時に、出来れば前に是非準備していきたい事があります。

 

それは、転職活動に対する考え方です。ここを整理しておかなければ、いざ書類選考、面接となっても、中々スピード感をもって進めなくなるのです。

 

今記事では、転職活動に対する考え方、転職活動前に準備したい考え方をメリットと共に紹介いたします。

 

転職活動に急いでいる方も、是非一度考えてみて下さい。

 

さあ転職活動だ!!求人サイト登録した、次は何しよう?

初めての転職活動、何から始めたらいい?

 

そんな考えを持つ方は、転職活動前の準備を知り、効率的に転職活動をおこないましょう。

 

  • 転職活動前の準備するべき事がわかる
  • 転職活動を間違えない進め方がわかる

 

あわせて読みたい

通勤時間が1時間半はキツイ?|転職時に気を付けたい通勤時間の話

転職エージェントの電話面談でも大丈夫|めんどくさい転職活動を効率化

転職活動前に必要な準備しておくべき考え3選

 

転職活動の前、または始める時に必ず準備しておくべき考えは以下の3点です。

 

  1. 転職理由の明確化
  2. 今後どうしていきたいか、何がしたいか
  3. どのような職場で働きたいか

 

なぜ、この3つを考えておく事が良いのか説明します。

 

この3点は面接で必ず、形を変えて質問が来る項目です。質問で、求職者の「価値観」「求めているモノ」を見極めて会社とマッチするかを見るのです。

 

早期離職が多い中、企業では長く働く方を採用する為、価値観や求めるモノに重点を置き面接をおこなう事が多くなっています。

 

この3点をしっかり考えて置くことで、面接でも明確な回答が出来るようになり、自分の価値観や求めるモノをしっかり知ってもらう事が出来るのです。

 

価値観や求めるモノを明確化させる事で、価値観が違う企業では落とされる可能性が高まります。

 

しかし入社後の失敗は軽減できるので、本当に求める良い会社に入社できる可能性が上がる事になります。

 

会社なんて働ければどうでもよい、とりあえず早く働きたいという方は、この考え方は不要となります。

 

このブログを見てくれている方は、長く続ける会社を求めているはずです。しっかり3点を考え、明確にして、自分自身に合った企業を見つけていきましょう。

 

それでは、3つを細かく解説します。

転職理由の明確化

 

「今回の転職理由はなんですか?」

 

この質問は面接で必ずされます。僕も過去面接は30社以上受けましたが、すべてで出てきました。面接官としても必ず聞きます。

 

必ず聞かれる質問だからこそ、準備が出来るのです。

 

今回の転職した理由をプラスもマイナスもすべて整理しておきましょう。どんな些細な事もすべて考え、今回の転職の本当のテーマを自分の中で明確にしておいてください。

 

それだけで、転職理由の納得性が上がるので、面接官も納得しやすくなります。

 

曖昧な転職理由を伝えてしまうと、面接官はその転職理由を疑ってしまうのです。疑われないように明確な転職理由を考えて置きましょう。

 

今後どうしていきたいか、何がしたいか

 

転職理由にも通ずる点も多くある考えですが、今後どうしていきたいか、何がしたいか、またどんな仕事をしたいのか。

 

何も具体的なキャリアプランを考える必要はないです。

 

まずは次の職場ではどんな仕事をしたいのかを明確に考えて行く必要があります。

 

例えば、「次の会社では採用活動で新卒メインに仕事したい」とか「新規顧客案件の営業周りをしたい」とか、ただ人事したい、営業したいではなく、営業でもこれがしたいという仕事を明確化してください。

 

そして、そこから3年後はこんな仕事をしていたいな、こんなスキルを付けていきたいと、今後のやりたい事を考えていきましょう。

 

今後の希望をはっきり伝えられれば、希望を叶える事が出来るかを考えてくれます。

 

どのような職場で働きたいか

3つ目は求める職場について考えておきましょう。

 

社風、評価方法、出世の仕組み、福利厚生、ワークライフバランス、職種転換、会社には色々な風土や仕組みが用意されています。

 

次の働く先はどんな職場がいいかな?

どんな職場や仕組みがあれば、自分自身は伸びて、楽しく働けるんかな?

 

このような視点で、こんな職場であれば嬉しいなと考える状況を考えておきましょう。

 

 

この3つの内容は、面接で形を変えてでも、ほぼ必ず聞かれる質問です。これらの質問への回答は用意しておかなければ、正しく答える事が非常に難しい質問です。

 

正しく答えなければ、一貫性がなくなり、面接官にマイナスの印象を与える可能性も多いのです。

 

転職活動前からしっかり考えて準備しておくことが、転職活動を進めやすくし、採用率も上げてくれます。

 

準備しておくことで得られるメリット

 

それでは、ここで改めて3つを準備しておくことで得られるメリットです

 

  • 明確化する事で、説得力が増す
  • 自分自身のキャリアビジョンが明確化し、納得の行く転職が出来る
  • 転職活動を俯瞰的に見れる

 

転職活動は自己分析が大切と良く言われますが、僕自身、転職活動を5回経験し、経験するごとにその考えは大切だと思います。

 

自己分析をし、自分自身を理解しておけば、伝える時の回答に筋が通るので、説得力も増します。

 

また理解しておけば自分でも行くべき企業か、避けるべき企業かの判断もしやすくなります。

 

書き出して置くことでより明確に

 

転職理由、今後どうしたいか、職場に求めるモノを考えて準備をしておくことが大切と伝えてきましたが、これらの考えた項目は出来れば書き出して行く事でより明確になります。

 

書き出し方は何でもいいです。後から見返すことが出来れば何でも大丈夫。携帯のメモ機能なんて最適です。

 

なぜ、書き貯める事が良いのか?

  • それぞれの理由がより明確になる
  • 自分の考えを俯瞰的に見える
  • 面接前に見返せる

 

頭で考えて置くだけでは限界があります。

 

また書き出しておけば面接前に見返せることが出来ます。面接前の電車でまとめた転職理由など見ておくとより面接でハッキリ伝える事ができます。

 

まとめ

 

今記事では、転職活動前の準備しておく事として、3つの事を考えて準備する事をお伝えいたしました。

 

初めて転職活動をおこなわれる方は、不安も非常に多いと思います。何をすればいいのか、面接ではなにを聞かれるのか、どう回答すればいいのか?

 

今回紹介した3つを明確化する事だけでは、不安は全て解消されるわけではないですが、面接で筋の通った回答は出来る様になりますので、是非初めて転職活動をおこなう方、転職活動が上手く進まない方は実践してください。

 

転職活動に関する様々な記事を用意しております。状況に合わせて確認ください。

 

面接が決まったらやるべき事は企業研究と情報集め|集め方を紹介

【未経験】転職活動を初めての方向け転職手順|人事担当者アドバイス付