転職サイトおすすめ大手4サイト|人事部がえらぶのは?

転職サイト
悩む人

転職サイトって数が多くてどこを利用すればいいのか分からない。

せめて各サイトの特徴が分かれば自分に合った使い方が出来るのにな・・・。

 

今回は転職サイト大手4サイトだけにフォーカスを当てて比較しました。

 

  • リクナビネクスト
  • マイナビ転職
  • DODA
  • エン転職

 

この記事を見れば、大手4サイトの特徴が明確に解るので、自分に合った転職サイトを使用する事が出来て、転職活動の効率も格段に上がる事間違いなしです。

 

記事の信憑性

  • 採用担当として10年以上、転職サイトに携わる
  • 過去全部の転職サイトに登録し応募経験も有り
  • 現在も大手4サイトには会員登録済み

 

僕は採用担当、求職者どちらの視点からも10年間大手4サイトを利用してきました。利用者として、採用担当として見つけた転職サイトの違いをお伝えいたします。

 

各サイトとを一言で

  • リクナビネクスト・・・「大手求人・多くの求人から探したい方」
  • マイナビ転職・・・「求人の質・ブラック企業を避けたい方」
  • DODA・・・「キャリアアップ・年収アップを目指したい方」
  • エン転職・・・「未経験・地元企業で働きたい方」

 

結論は、この中から出来るだけ多く登録し、多種多様な求人に触れる事が良いです。

 

しかし、登録したり検索したりする時間もありますので、特徴を踏まえて自分に合った転職サイトを利用していきましょう。

 

転職サイト大手4サイト:転職サイトをおススメする理由

おススメ

最近は転職エージェントを利用する方が増えてきており、転職エージェントだけを利用する方も増えてきています。

 

もちろん、転職エージェントは非常に素晴らしいサービスです。僕も利用してきましたし、転職活動には必須ツールです。

 

しかし、転職エージェントと転職サイトは別ものと捉えて、転職活動の際には両方を同時に利用する事をおススメいたします。

 

転職サイトをおススメする理由

  • 求人を見極める力がつく
  • 企業情報を自ら集める
  • 選考で企業の方と関係性が作れる

 

転職サイトでの転職活動は全て自分でしなければなりません。

 

多くの求人から良い求人、合う求人を探し出し、自分で企業情報を集めて、面接対策をして、企業と面接の調整をする。すごく自分で動かなければいけません。

 

しかし、その間に企業を自分で見極める事が出来、会社への意欲や動機も作っていく事が出来ます。

 

転職エージェントでもそれは可能ですが、やはり自分で1から作り上げたものと、転職エージェントの方と作ったものでは思い入れも違いってきます。

 

本当に納得の行く転職活動をおこなうためには、自分自身でしっかり動いていく事が大切です。

 

転職エージェントと転職サイトからの入社された方では、転職エージェント経由の方が離職率が高くなる。

 

やはり、自分の仕事は自分で見つける事が大切ですね。

 

転職サイトをおススメした所で、大手4サイトを比較していきましょう。

 

  • リクナビネクスト
  • マイナビ転職
  • DODA
  • エン転職

 

リクナビネクスト

リクナビネクストHP
リクナビネクスト公式

 

リクナビネクストは株式会社リクルートが運営する、日本で一番大きい転職サイトです。

 

大手企業から中小企業まで様々な求人を揃えており、かつ求人数も4サイトの中でも一番多くの求人数を誇っております。

 

リクナビは新卒サイトでも有名なので知っている方も多いですね。

リクナビネクストのデータ

  • 会員数:916万人
  • 掲載社数:42000社
  • 更新日:水曜日、金曜日

 

リクナビネクストは利用していて求人数の多さが凄く目立ちます。

 

求人数が非常に多いので、簡易な検索(「営業」だけ)をしてしまうと膨大な量の求人が出てくるので、しっかりと検索要件を絞って検索する必要があります。

 

リクナビネクストは多くの求人がある事から、どんな要件の方でも何社かの求人を見つける事が出来ますので、転職の際は一番登録をおススメするサイトです。

 

  • 求人数が圧倒的に多く、求人が見つけやすい
  • 知名度や実績が高く安心できる
  • 転職者の8割が登録しているサイト

 

リクナビネクストを利用する際の注意点は、検索上位に大手求人の案件が多く出てしまう事があります。

 

大手求人を越えると様々な求人が出てくるのですが、そこを越えるまでに少し疲れちゃうんです・・・。

 

しかし、後半にあなたの求める求人がある場合も多くにありますので、リクナビネクストで求人を調べる時は注意しましょう。

 

それもめんどくさいと感じる人は、水曜日、金曜日の新着求人を必ずチェックしてください。新着求人なら全て見れる量です。

 

リクナビネクストは求人数最多。多くの求人に触れる為にも転職者には登録必須のサイト

 

\求人掲載数No1!リクルート運営/

早速リクナビネクストに登録し求人票を確認していきましょう。

リクナビNEXT

 

関連記事

転職活動前の人転職活動をはじめようと思うけど、リクナビNEXTでいいの?リクナビNEXT良い転職は可能なの?リクナビNEXTの評判は良いの、悪いの? 今回はリクナ[…]

リクナビネクスト転職

 

 

リクナビネクスト評判

 

 

掲載求人案件が多いので、しっかりと要件を絞り込んだ検索が求められます。

 

 

求人の多さはさすがです。要件を絞り求人を見る事が出来れば、多種多様の求人に出会える可能性あり。

 

\求人掲載数No1!リクルート運営/

早速リクナビネクストに登録し求人票を確認していきましょう。

リクナビNEXT

 

マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職公式

 

マイナビ転職は株式会社マイナビが運営する転職サイトです。

 

リクナビネクストと並んで、新卒でも有名なサイトを運営しているので「マイナビ」という名は聞いたことがある方は多いですね。

 

マイナビは特にその新卒サイトの経験とノウハウを活かして、若手向けのサイトを運営しています。

 

マイナビ転職のデータ

  • 会員数:413万人
  • 掲載社数:12,000社
  • 更新日:火曜日、金曜日

 

マイナビ転職の求人は若手層向けの求人が多く、25歳~29歳ほどの、社会人経験3年以上の方向の求人が多く掲載されています。

 

マイナビ転職で採用担当として応募を掛けた場合も、20代の方からの応募が多く、20代の利用者が多い事を実感しました。

 

求人の検索、原稿も非常に見やすく構成されており、また写真も見やすく掲載されているので、社風を大切にする方々には有益な情報を得られるのもマイナビ転職の特徴です。

 

  • 20代~30代向けの若手向けの求人、登録者が多い
  • 検索がしやすく、求人が見やすい
  • 掲載写真が分かりやすく、社風をつかみやすい

 

マイナビ転職を利用する際の注意点は、求人原稿から企業の求める人物像を見極める事です。

 

マイナビ転職では若手を狙った求人が多くあります。実際採用担当者の方々でも若手はマイナビ転職と考える採用担当もおおくいます。

 

なので30代以上の方がマイナビを利用する際は、若手向けではないかをしっかりと見極めないと、無駄な応募になってしまいます。

 

見極める方法としては、

  • 若手活躍中など若手を押し出した文言は無いか
  • 基本給が低く設定されていないか
  • 写真が若手ばかりでないか

 

上記の記載が見られる求人は20代から30代前半を意識した求人が多いです。しっかりと見極める事が大切です。

 

マイナビは若手に強いサイト。検索もしやすく、求人も見やすい

 

\若手向け転職サイト/

下記マイナビ転職公式サイトより登録が可能です。

マイナビ転職登録

マイナビ転職評判

 

 

求人の見やすさはマイナビ転職が評判高いですね。

 

 

若手層に強いマイナビ転職、20代~30代前半の方は利用したい転職サイトですね。

 

\若手向け転職サイト/

下記マイナビ転職公式サイトより登録が可能です。

マイナビ転職登録

DODA

DODA
DODA公式

 

続いてのDODAは株式会社パーソルキャリアが運営する、転職サイトです。

 

DODAも他の3社と同様に転職サイトでとしても非常に有名なのですが、転職エージェントに力を入れている傾向も強く転職サイトとしては、少し劣る部分があります。

 

しかし、求人数や会員数は3社と変わらずあります。

 

特に転職エージェントに力を入れている傾向から、キャリアアップや年収UPへの求人が多く、経験者の方々が、DODAの転職サイトと転職エージェントを同時利用する事が多いです。

 

DODAのデータ

  • 会員数:410万人
  • 掲載社数:58,000社(転職エージェント含む)
  • 更新日:月曜日、木曜日

 

DODAは転職エージェント、転職サイト共にサイトも同じところを利用していますので、求人も転職サイトと転職エージェント両方の求人が検索すれば出てくる形となります。

 

また、初回の登録と同時に転職エージェントにも登録されるので、転職エージェントも使っていきたいなと考える方は、転職エージェントにも登録し、多くの求人に触れる事ができます。

 

転職エージェントに登録となれば、面談が発生しますが、電話で済ませれるので、そこまで労力は掛かりません。

 

  • 転職エージェントと併用で利用できる
  • キャリアアップ、年収UP出来る求人が多い
  • 求人の質が高い

 

DODAの利用の際の注意点は、転職エージェントと併用なので、求人によっては転職エージェントとして利用しなければならない場合がある事です。

 

転職エージェントとしての利用では、自分主体の転職活動ではなくなりますので、キャリアアドバイザーと共におこなわくてはなりません。

 

求人検索の際には転職エージェント経由なのかを見る必要があります。

 

基本的には転職サイト求人が先に出てきて、後から転職エージェント経由の求人が出てきます。

 

また転職サイト求人には写真が掲載されています。

 

DODAは転職エージェントと併用しキャリアアップ、年収アップを目指す転職サイト

 

\キャリアアップ!年収アップ/

下記doda公式サイトより登録が可能です。

dodaエージェントサービス登録はコチラ

DODAの評判

 

 

転職サイトは定期的に見なければなりません。1ヶ月経つと多くの求人が入れ替わります。

 

 

転職エージェントへの傾向が強いので、DODAに登録すれば、転職エージェントから電話が来ます。

 

電話面談であれば30分で済みますので、サクッと対応しちゃいましょう。

 

\キャリアアップ!年収アップ/

下記doda公式サイトより登録が可能です。

dodaエージェントサービス登録はコチラ

 

エン転職

エン転職
エン転職公式

 

エン転職は株式会社エン・ジャパンが運営する転職サイトです。

 

求人数は前の3サイトに比べ、求人数や大手企業の数は減りますが、その分未経験OKの企業や、地元企業などの仕事が見つけやすい転職サイトです。

 

検索も非常にやりやすく、求人も凄く見やすいサイトであり、求職者の事を考えられた転職サイトです。

 

求職者にとって見やすいサイトという事もあり、会員数も非常に多くなってきています。

 

エン転職のデータ

  • 会員数:700万人
  • 掲載社数:6,000社数
  • 更新日:月曜日、木曜日

 

会員数はリクナビネクストに続いて2位の多さを誇っています。

 

リクナビネクストとエン転職の組み合わせで利用している方々も多く、リクナビネクストで大手企業や有名企業を探し、エン転職で地元企業を探す方法の方も多くなっています。

 

  • 未経験、地元企業の求人が多い
  • 求人サイトしては求職者を意識しており見やすい
  • 会員数が増えている

 

エン転職利用の注意点としては、未経験、地元企業が多い事から、ブラック企業、グレー企業の求人も混ざる可能性が高くなっています。

 

求人をしっかり見極める必要があるので注意が必要です。

 

求人の見やすさから、すべてが良い求人に見えてくるのがエン転職の特徴です。

 

福利厚生や書かれている事を良く読んで、また別の視点からも掲載企業を調べる事が大切です。

 

\中小企業・地元企業への転職/

下記エン転職公式サイトより登録が可能です。

エン転職登録

 

関連記事

面接前の準備で企業研究や会社の情報収集出来ていますか。面接が決まった方々は次にこんな疑問を抱いていないですか? 面接に向けた企業研究って何を見ればいいの?企業の情報を集めたいけど[…]

企業研究

 

エン転職口コミ

 

 

求人の見やすさ、検索のしやすさは4社の中では1番良いです。

 

 

中小企業や地元企業も多くあるのが特徴です。質は見極めが必要です。

 

\中小企業・地元企業への転職/

下記エン転職公式サイトより登録が可能です。

エン転職登録

 

転職サイト4大手4サイトまとめ

 

今回の記事では転職大手4サイトを紹介しました。

 

  • リクナビネクスト
  • マイナビ転職
  • DODA
  • エン転職

 

本来のおススメの使い方は全ての転職サイトに登録し、色々な求人を見る事です。

 

4社に登録しておけば、月曜日から金曜日の間、毎日求人が更新されるので、就職活動にスピード感を持たす事も出来ます。

 

転職サイトを利用して、自らの手で転職をする事で入社後の離職率も下げる事が出来ます。

 

転職エージェントを信頼し、転職エージェントで転職活動を進める事も当然良い進め方ですが、転職サイトも利用して、良いとこ取りをしながら、うまく転職活動を進めていきましょう。

 

転職先で早期離職したいって方は、あまりいないですね。

 

転職活動を失敗しない為にも、長く続けるためにも、転職活動の進め方は凄く大切です。

 

本日は以上です。

 

各ランキングにも参加中です。

記事が参考になりましたらクリックをお願いします。


転職・キャリアランキング
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村